スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコとバルカン関係、今後

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。


今回はトルコとバルカンのトルコの今後について考えてみたいと思います。

欧州がトルコを手駒として使いきれなくなる(それ以上に刃向われる危険も出てくるのかもしれませんが)と実質上南東方面の防衛ラインをバルカン半島にまで後退させる可能性もあるでしょうか。しかしギリシアも東向きのポリシーがありますし真に使えるのはブルガリアとルーマニアでしょうか。しかし背後にセルビア(とボスニアのスルプスカ共和国)があります。

安全保障面でギリシアの欧州にとっての信頼度について正確にいうのは難しいものがあります。そもそもトルコ自体が欧州の安全保障面での懸念材料になると、いくら東寄りのポリシーとっているギリシアでもさすがに従前からのトルコとの対立感情から完全に「向こう側」にはならないと思われます。マクロで大きな変化があってもミクロの希土関係のほうがギリシアの対外政策への影響は強いでしょう。

それはバルカン半島全体も同じで、バルカン半島ふくむ黒海沿岸・欧州・中東にかけての国際関係のマクロな部分に大きな変化があっても、観察する上でミクロな(バルカン半島内国際関係)部分を中心から外さず考察しなければなりません。

ブルガリアの例でも、事が切迫すればマケドニア問題を優先して外交政策を行うものと思われます。この記事のようにブルガリアは立場的に難しいものがあります。難民問題から、そして記事にはありませんがマケドニア問題におけるトルコの支援の必要性からトルコとは友好状態を維持せざるを得ませんが、こうした事態が差し迫らない限り欧州の安全保障体制からは抜けることはないでしょう。しかしいざ事態が切迫すれば、ということです。
http://www.balkaninsight.com/en/article/bulgaria-pays-the-price-for-friendship-with-turkey-08-22-2016

欧州は対トルコ外交では主導権を握りがたくなったと思われますし、トルコが欧州に遠慮なくバルカンいじりを始める可能性について検討した方がいいでしょうか。トルコが中東につっこんでいる間はバルカンで危険な行動にはでないとは思いますが。

ただ今のところバルカンのムスリム(ボシュニャク人、アルバニア人)と事実上の対立関係のあるのはセルビア人なので、仮にトルコがそういったムスリムを足がかりにバルカンをいじろうしても露土関係の良好化がいい具合に作用することが期待できるかもしれません。今のところトルコは宗教面でバルカンで問題は起こしてはいないしセルビアとの関係も政治・経済的には良好です。

今までのところトルコは宗教に関係なく、ギリシアを除いてバルカン諸国と良好な関係を維持していますが、欧州に対し遠慮する必要がないと判断した場合にどう動くことになるかの読みは難しいものがあります。合理的見地からは現状維持が得策でしょうが、エルドアン政権にとって「あるべき」バルカンとはどのようなものなのでしょうか。

今後のバルカンのムスリムとセルビア人に対する露土の扱いについては露土のクリミアタタールに対する今後の扱い&両国間政治がある程度参考になるかと思います。

ちなみに、このところイスラム教徒のボシュニャク人に動きがあるのと(ボスニア大統領のバキル・イゼトベゴヴィッチがセルビアのサンジャク地方の中心地ノヴィ・パザールでボシュニャク人の政党民主行動党(SDA)のバルカン大会を行いました)、http://www.balkaninsight.com/en/article/bosniaks-seek-regional-unity-in-sandzak-07-29-2016 バルカンのムスリムのトルコへのシンパシーが高まっている印象です。


あと前の記事関連なのですが、ヴォイスラヴ・シェシェリがクロアチアを訪問する予定の様です。

クロアチア政府は、来たら逮捕するとの姿勢です。
http://www.balkaninsight.com/en/article/seselj-will-be-arrested-if-enters-croatia-oreskovic-said-08-24-2016?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+TheBalkansLatestHeadlines+%28The+Balkans%3A+Latest+Headlines%29

今後の展開が注目されます。

今回はこんなところでしょうか。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

クロアチア・セルビア関係悪化、再燃

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。

ここ最近セルビア・クロアチア関係が悪化しています。

発端は、第二次大戦時のウスタシャ政権下でザグレブ大司教であったアロイジエ・ステピナッツの名誉回復です。

ステピナッツは社会主義ユーゴでは戦犯扱いでしたが、1998年に当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がザグレブを訪れ、ステピナッツを列福しています。

7月22日、ザグレブ州裁判所の決定で法的にも名誉回復がなされました。

このことについてセルビア政府は抗議の書簡をクロアチアに送りましたが、クロアチア側もこのような問題で地域の安定を損なうことは不適切であるという抗議の書簡を逆にセルビアに送りました。この書簡はどちらも「欧州に価値観に照らして」相手を抗議しているのが印象的です。

この件はこれだけに留まりませんでした。クロアチア内戦時、激戦地だった東スラヴォニア地方におけるクロアチア側の指揮官ブラニミル・グラーヴァシュは戦犯として起訴されザグレブ州裁判所、クロアチア最高裁で懲役刑になってましたが、クロアチア憲法裁判所はこの決定を覆したため最高裁で再審となっていました。そして無罪の評決が出たためこれについてもセルビア側が抗議。
http://www.b92.net/eng/news/region.php?yyyy=2016&mm=07&dd=29&nav_id=98760
http://www.balkaninsight.com/en/article/croatian-general-glavas-s-war-crimes-retrial-opens-06-02-2016

話はこれで終わりません。7月31日に、社会主義ユーゴ時代在スウェーデンのユーゴ大使を暗殺したミロ・バレシッチの記念碑の除幕式がクロアチアで行われました。

バレシッチは戦後生まれなのですが、クロアチア民族主義者の立場から兵役を拒否したかどでゴーリ島にあった政治犯収容所に入れられます。彼は刑期終了後国を出てクロアチア民族レジスタンス(HNO)に身を投じます。HNOはウスタシャ関係者も参加しているクロアチア民族主義者の組織でテロ活動などを行っていました。バレシッチはスウェーデンで、彼が政治犯収容所に収容されていたときの所長であった当時のユーゴ大使を1971年に暗殺します。そのかどでスウェーデンで服役し、その後HNOのメンバーが90年代前半のクロアチア独立戦争参加のために帰国したのとともにクロアチア入りし、内戦の最中死亡します。

これについてセルビアのステファノヴィッチ内相は、「冷静かつ理性的に語るのは難しい」と自分の激怒の心境を述べています。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=08&dd=01&nav_id=98772

さらに、と続きがあります。この除幕式にクロアチアのハサンベゴヴィッチ文化相など二人の閣僚が参加しました。ハサンベゴヴィッチ文化省は以前から若いころのウスタシャシンパぶりを報道されて話題になっていた人物です。

セルビア政府がクロアチア大使にこの2件について抗議の書簡を手渡そうとしましたが、クロアチア大使は受け取りを拒否しました。
http://inserbia.info/today/2016/08/serbia-sends-two-new-protest-notes-to-croatia-ambassador-refused-to-accept-them/

これにさらに火を注いだのが、8月4日の嵐作戦記念日です。嵐(オルーヤ)作戦はクロアチア内戦当時セルビア人によって建設されたクニンスカ・クライナ共和国をクロアチア政府軍が妥当して内戦を終結させた戦いです。この戦いは実質的に民族浄化であり、指揮官のアンテ・ゴトヴィナ将軍はハーグに起訴されましたが無罪放免となって帰国しています。
これについては以前のエントリをご参照ください。http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-133.html

この記念日に、クニンスカ・クライナ共和国の首都であったクニンでセルビア国旗を焼く、ウスタシャの合言葉を叫んだりウスタシャの党歌を放歌する行進が行われるなどが行われました。
リンク先に動画があります。
http://mondo.rs/a927246/Info/Ex-Yu/Ustase-u-Kninu-pale-srpsku-zastavu.html
http://www.blic.rs/vesti/politika/novi-skandal-u-kninu-marsirali-gradom-u-ustaskim-uniformama-uz-nacisticke-pozdrave/l41h368

グラーヴァシュ以外の「戦犯」は社会主義ユーゴ下で断罪されたものであり、社会主義ユーゴから脱して独立したクロアチアでは民族解放のための闘士として見なされています。

それはセルビアでも言えることで、去年チェトニクの指揮官だったドラジャ・ミハイロヴィッチ(消極的だったうえにティトーとの戦いを優先して敵のはずの独軍と共闘するなどしていましたが)の名誉回復が行われ、また独軍占領下の傀儡政権の長であったネディッチの名誉回復を求める動き(これがなぜなされるのか正直私にもわかりません)があります。

バルカン人特有の被害者意識と独におけるナチスを絶対悪とするポリティカルコレクトネスと同様のものがないという条件が合わさって、今後も両国ではこうした動きとそれに対する反発の繰り返しが起きるものと思われます。

セルビアのダチッチ外相は「なぜ欧州諸国は黙っているのか」「クロアチアのように振る舞うことがEU加盟の条件であれば、我々はそんなことは望まない」と欧州への怒りを表明しており、今後セルビアのEU加盟への熱意が低下する可能性があります。嵐作戦に西側諸国からの多大な援助があったように西側にはクロアチアには甘い傾向があります。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=08&dd=02&nav_id=98797

こうした中、珍事がありました。

クロアチアの島で嵐作戦記念日にチェトニクの旗を立てたとして観光客が逮捕。逮捕されたスイス人男性は「これは海賊旗で、息子がパイレーツオブカリビアンが好きなので建ててやったもの」と主張。
http://www.balkaninsight.com/en/article/croatian-nationalists-mix-pirates-with-chetniks-08-09-2016

写真の旗に「自由か死か」の文言が入っていないので、この件は無罪と思われます。


今回はこんなところでしょうか。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

ウクライナ下院、ヴォルイニ虐殺をジェノサイド認定

sabun1.jpg


Dobry vecer!
エリシュカです。


ポーランド下院(sejm)、第二次大戦時、ウクライナの準軍事組織UPA(ウクライナ蜂起軍)により行われた主にポーランド系住民に対するヴォルイニ虐殺のジェノサイド認定、7月11日の記念日認定法案を承認。
http://www.unian.info/politics/1432207-polish-sejm-labels-volyn-killings-genocide.html

これについてウクライナ議会外交委員会は「失望」を表明し、
http://24today.net/open/685047

ポロシェンコ大統領はこの決議について遺憾としながらも今後もポーランドとの連帯は継続するとしています。
http://www.unian.info/politics/1432267-poroshenko-comments-on-polish-sejm-labeling-volyn-tragedy-genocide.html

私は実を言えばウクライナ・ポーランドともに露の脅威に直面する状況下、プラグマティックな対応をするかと予想をしていましたし、実際今までのポーランドはこの件について自制してきました。しかし風向きが変わってきたようです。

ドゥダ政権の民族主義的傾向とドゥダ政権が進めるインテルマリウム構想はこうした例のように矛盾するものになってしまう危険があるということを示していると思います。

マイダン革命後のウクライナではウクライナ蜂起軍(UPA)は「聖化」と言えるまで英雄視が進んでおり、ポロシェンコ大統領があのように表明してはいますが、反発の声があがる可能性もあります。


今回はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

ポーランドのバルト・黒海・アドリア同盟構想と南東欧

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。

ここ数日の寒気のおかげですぴかの体からの腐敗臭がやわらいで助かります。


4月18日にポーランドのドゥダ大統領がブルガリアを公式訪問しました。これについてこの記事をもとにポーランドの地政戦略が南東欧に及ぼす影響について書いてみたいと思います。

http://neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/1976-warsaw-pivots-to-the-black-sea

この記事によれば、ポーランドのドゥダ新政権の目指すバルト・黒海同盟構想以前からポーランドとブルガリアは防衛協力と経済関係が強化されていました(もちろん経済関係強化は安全保障面での要請からのみではないでしょうが)。

ポーランドのこの構想については以前のエントリでエリシュカが書きました。
http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-144.html

またポーランドが安全保障面で南で最も重要視するトルコへの地政学的ルート上にあることからもブルガリアとの関係を重視しているとしています。

去年ブルガリアがMig29のメンテをポーランドで行うことに変更した件は単なるNATO圏の対露依存からの脱却だけではなく、二国間関係のこうした面も反映していると。

この構想には別の方向からのアプローチがあります。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、ウクライナ、ルーマニアとブルガリアとで統合旅団を作る構想を表明しています。すでにポーランド・リトアニア・ウクライナで作った統合旅団がありますが、これをモデルにするとの方針です。

こうしたことの積み重ねでバルト・黒海同盟が形成されて行くかもしれません。

ウクライナとポーランドからアプローチを受けてブルガリアは東欧の安全保障システムの東方正面に組み込まれる過程にある観があります。ブルガリアというとマケドニア問題でバルカン南部内陸部での政策のほうに目が行きがちですが、ウクライナ戦争は始まって以降はNATOの黒海方面での展開と相まって上記の傾向が続いています。

ただ、ドゥダ政権のこの構想にはバルト・黒海に加え「アドリア」も入っていますがこれにはバルカン内陸部のセルビア・ボスニアのスルプスカ共和国・ギリシアは入らないでしょう。これらは親露傾向があり、EUでもNATOでもないバルト・黒海同盟に対して対露関係を悪化させてまで参加したがるとは思えません。当然露からの分断工作もあるでしょう。またギリシアはトルコと、セルビアはクロアチアとの悪関係があります。この構想を強力に推し進めた場合バルカン諸国間に亀裂が入る可能性が生じてくる危険性があります。

ただ、ポーランドがこの「同盟」を形成するだけの影響力を発揮できるかについては当然疑問符がつきます。これは米国がバックにいることが条件となるでしょう。さらにポーランドへのアクセスを容易にするために北欧(特にスウェーデン)もここに加える必要がありそうです。

しかし、NATO・EUもウクライナや南コーカサスをいじりこそすれどうにもできないのにこの「同盟」がどうにかできるとも思えません。


今回はこんなところでしょうか。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

東欧の準軍事組織。そしてブログ10周年記念

sabun1.jpg

Dobry vecer!
エリシュカです。

今回はお題が二つあります。
まずは東欧・バルトの準軍事組織について。

これは今年一月18日付の記事ですが、ハンガリー以北の東欧とバルト三国の準軍事組織について解説しています。
http://neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/1862-the-rise-of-paramilitary-groups-in-central-and-eastern-europe

記事では大まかにポーランド・バルト三国とハンガリー・チェコ・スロバキアで準軍事組織の性格に違いがあるとしています。

大まかに、前者は正規軍に協調的、後者は右寄りの独自のポリシーにより反政府的な性格を持つとしています。

まず、ハンガリーの準軍事組織「Magyar Nemzeti Arcvonal (ハンガリー国民戦線)」。

このサイトの写真と動画で武装の度合いが見られます。
http://nemzetiarcvonal.net/2015/04/08/a-magyar-nemzeti-arcvonal-folytatja-a-harcot/

動画



そして、スロバキア当局の監視対象の準軍事組織「スロバキアの徴集兵(Slovenskí branci )」。

この去年の記事では学校で子供たちに銃器の扱いの訓練を行ったという事件について報じられています。
http://spectator.sme.sk/c/20058688/extremist-group-slovak-levies-trained-kids-in-schools.html

これらは概ね右派、反EU、反NATO、反移民。露からの援助について疑う向きもあります。


そして、ポーランドの準軍事組織。

記事では120の軍事組織が正規軍に協調的であるとしています。

しかしポーランドの準軍事組織全てがそうであるかは調べが必要であると思っています。

以前この記事で書いたように、ウクライナの民族主義の牙城である西部の独立運動の相手はポーランドでした。
http://belaoluja.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

第二次大戦中ウクライナ蜂起軍(UPA)により東ガリツィア、ヴォルイニ地方でポーランド人の大量虐殺が行われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Massacres_of_Poles_in_Volhynia_and_Eastern_Galicia#German_involvement

そしてウクライナのザカルパッチャ州はスロバキアも関係してきます。

さて!

ちと過ぎてしまいましたが、今年の3月でこのブログは10周年を迎えます。

もとはdionユーザーのフリーブログで「地政戦略家すぴか16歳」というタイトルでした。

当時は管理人がまだ留学中で、感慨深いものがある(そうです)。

それで、10周年ということにつき、ブログの進行役を当時に戻すことに致しました。

この二人です。


supika.jpg


あ、お久しぶりです^^ 初めての方は始めまして!

私は冥界から自分の死体を操るネクロマンサーすぴかと申します。

もとは人間界で元気にオヤジ狩りをしていたのですが、蟷螂拳使いのオヤジに返り討ちにあって左目と命を失いました^^

冥界で黄泉大神様から奨学金を頂き、地上にて自分の死体を操り研究にいそしんでおります^^

専攻は地政学、戦略理論です。

fdarqq.png

Buna seara.

ミルチャ・アントネスクです。

ルーマニアで生まれてその後人身売買組織に売られました。

名前は組織の人間が適当につけた男の名前です。

スナッフムービーに殺害役で出されていましたが、冥界に拾われ、すぴかの学友として一緒に研究しています。

専門は南東欧情勢です。


sabun1.jpg

上に書いた記事でもお分かりのように、対象が東欧北部・バルトにまで広がってしまい、ブログの構成について悩むことが多くなっていました。

今回進行役を増やしたのはそうしたことへの対処という意味もあります。

私は今後は今回のように北部東欧・バルト三国のみについて書いていきたいと思います。

今回はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。