スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ以降のセルビアのスタンス

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


さて、今回は筆馴らしに前回のエントリ以降のセルビアと周辺国との関係についてざっと描いてみたいと思います。

いろいろなイベントがありましたが、基本的に同一線上にある事々が次々に生起しただけなので、追うのは簡単です。

まず、クロアチアとの関係です。


今までそれほど悪くもなかったセルビア・クロアチア関係が急速に悪化したのは、何といっても以前のエントリにも書いたヴォイスラヴ・シェシェリの一時帰国です。

ヴコヴァル占領を「解放」と表現したりクロアチア国旗を焼くなど挑発的な言動でクロアチア政府を激怒させてきましたが、

問題なのは、一私人であるシェシェリの言動なのにかかわらず、これがクロアチア・セルビア両政府要人同士の論争にまで発展してしまったことです。

これに関してクロアチア側は、セルビアにとって嫌がらせとも取れる、先にクロアチア内戦を終わらせたクロアチア政府軍によるオルーヤ(嵐)作戦においてセルビア人に対する民族浄化を行った疑いでICTJに起訴され、無罪放免されてセルビア側が怒った件の中心人物であるアンテ・ゴトヴィナ将軍を大統領顧問にするという決定をしました。

さらにコソヴォに接近し今後EU加盟の指南など様々な面で協力関係を行うことを確認しました。


アルバニアとの関係は、一向に改善の兆しを見せません。

先にラマ首相がセルビアを訪問した際事実上ケンカ別れして帰ってきた件については前のエントリで書きましたが、

今度は、コソヴォがEU加盟できないのであればアルバニアはコソヴォと「クラシカルな方法で」合邦すると発言し、セルビアの強い反発を招きました。


こうした展開を見ていくにつけ、どうにも歯がゆいのがEU・NATOの対応です。

以前から申し上げているように、ロシアとウクライナで対峙している状況下、バルカン半島は、がっちり守っている東欧北部やバルト三国と違い、柔らかい脇腹です。

私はNATO・EUがこれをきちんと認識し、実効的な戦略を立て行動するものと思っていました。

しかし、実際には以前からの路線を踏襲し、変わったところといえばセルビアを腫物を扱うがごとくになったところでしょうか。

NATOはセルビアとのパートナーシップの進展を評価し、またセルビアのNATO加盟せずの方針を尊重するとしています。

EUのモゲリーニEU外相は、セルビアを訪問しセルビアのEU加盟にはコソヴォ承認は条件とならないことを確認しました。


しかし、セルビア側は、たとえばダチッチ外相は「セルビアは東西の地政学の犠牲者とはならない」と友好的とは言えない発言を行い、またニコリッチ大統領もウクライナの領土保全を支持するといいながら「領土保全は重要で、そのためにセルビアはNATOと戦った」と嫌味とも取れる発言しています。

またモゲリーニ外相はコソヴォ承認は条件とならずと言いつつコソヴォとの関係改善を強く求めましたが、

あるNGOがベオグラードで開催予定の会議に出席予定であったコソヴォのサチ外相、もとコソヴォ解放軍KLAの指揮官だった人物ですが、

セルビア側はサチが来たら「戦争犯罪人として逮捕する」と明言しています。


こうしたセルビアとの関係をさらにこじらせているのが、帰国させたはいいが問題をまき散らしているシェシェリに慌てたハーグのICTJによるシェシェリの帰還要請です。

これについてセルビア政府は、セルビアという国家を軽んじているとかなり不快感を抱いています。


バルカン半島は、一向に改善しないセルビア・アルバニア・コソヴォ関係に加えシェシェリの帰還によって引き起こされたセルビアとクロアチアとの関係悪化、

さらにギリシアの親露派政権の誕生という事態が同時多発的に生起するという厄介な状況下にあります。

先月末から今月初頭にかけて、ギリシアのツィプラス首相、ラファザニスエネルギー相、カメノス国防相があいついでモスクワを訪問しています。

カメノス国防相は、ウクライナの報道によればギリシア系が住むクリミアをキエフの「ファシスト」から守ってくれてありがとうという発言を行いました。


EU・NATOの行動のこのまどろっこしさの根底にあるものは何でしょうか?

私は、問題は非常に根本的なものだと思います。

要するに、西側欧州は、戦略の根っこのところにあるヴィジョンのレベルにおいて、旧オスマン朝支配下にあった地域をどう定義し守っていくのか(あるいはいかなのか)について明確なものをいまだに持っていないのではないかということです。

旧ソ連圏でありながらあれほどソリッドな防衛体制をバルト三国において素早く整えたのは、あそこが旧来西欧文明圏だったという歴史的事実とは無縁でないと思えます。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

セルビア・クロアチア関係、ギリシア新内閣とドゥーギンの関係

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


さて…

長年に及ぶ、ICJでのクロアチアとセルビアとのジェノサイド認定合戦が痛み分けで終わりました。

http://www.cnn.com/2015/02/03/europe/croatia-serbia-genocide/index.html

何もなかったとは言わないがジェノサイド認定するまでには至らない、という判断です。

クロアチアのヨシポヴィッチ大統領は不満とし、

http://inserbia.info/today/2015/02/croatian-president-dissatisfied-with-icj-judgment/

セルビアのニコリッチ大統領は今回の判断ではジェノサイドではなくてもクロアチア側による大規模犯罪行為は認められたとしています。

http://inserbia.info/today/2015/02/nikolic-icj-confirmed-croatia-committed-mass-crime-against-serbs/

この件について、もっとも不満を持っているのはボスニアのスルプスカ共和国大統領ドディクです。

http://inserbia.info/today/2015/02/dodik-icj-leaves-sense-of-injustice-genocide-against-serbs-committed-in-croatia/


今回の判断においてどれだけ政治的な要素があったのかは専門外なのでコメントはしません。

しかし、この時期にICJがジェノサイド認定の判断を下さなかったことはバルカンの安定にとっては資するものであったと思います。

現在セルビアとクロアチアの関係は、以前のエントリで書いたように悪化しています。

今のところ二つの事象が偶然に重なってしまっています。

一つは、ICJがシェシェリの帰還を健康上の理由で認めたこと。

もう一つは、戦犯として服役中だったグラーヴァシュの再審判決をクロアチアの憲法裁判所が出したこと。


このグラーヴァシュの件については私はかなり悪い予感がします。

グラーヴァシュは地元の東部スラヴォニアの中心都市オスィエクに戻り、地元から歓迎を受けました。

http://www.balkaninsight.com/en/article/branimir-glavas-returns-to-croatia

ヴコヴァルをはじめ東スラヴォニアではクロアチア人とセルビア人との関係は悪く、セルビア人の使用するキリル文字の問題やシェシェリのヴコヴァル解放発言など良くない要素が多いうえに、

オスィエク市民のこの歓迎ぶりをみると、グラーヴァシュの影響力の復活とそれが東スラヴォニアにもたらす悪影響について考えてしまいます。


こうした不安定材料はセルビア・クロアチア・ボスニアのみにとどまりません。

コソヴォではアルバニア人によるセルビア人閣僚辞任要求とセルビアとの領土問題(この件についてはのちほど詳しく書きます)、

さらに前のエントリで書いたギリシアの親露姿勢です。

活発に報じられているのが、ツィプラス新首相とロシアの右派論客であるドゥーギンとの密接な関係です。

http://www.rferl.org/content/greek-syriza-deep-ties-russian-eurasianist-dugin/26818523.html

http://anton-shekhovtsov.blogspot.jp/2015/01/aleksandr-dugin-and-syriza-connection.html

さらに、カメノス新国防相はロシアに招待され近く訪問することを発表しています。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150204-00000009-biz_reut-nb

アテネに近いピレウス(ペイライエウスと言ったほうが通りがいいかもしれません)港の中国企業への売却撤回についてロシアの影響があるのか否かについては詳しいことはわかりません。


セルビア、スルプスカ共和国とクロアチアの関係、セルビアとコソヴォとの関係、サンジャク問題と潜在的不安定要因とつながるセルビアへの影響力に加え、ギリシアとのこうした関係は西側も懸念を持っています。

ただ今のところギリシアは、どうもインドのように西側とロシアとを天秤にかける外交を展開しようとしているように思えます。

例えばロシアからの財政支援を受けないことを西側に表明しています。

バルカンはデリケートな地域だけに、ギリシアのような不安定が国にできたばかりの新政権がこのような政策を行うことに懸念を感じずにはいられません。


ロシアのバルカンへの触手は、ブルガリアにも伸びているようです。

ブルガリアのネンチェフ国防相は、ロシアがブルガリアについて戦争を準備しているという不穏な嘘情報を流していると非難しています。

http://www.novinite.com/articles/166308/DefMin:+Russia+Spreading+Rumors+of+'War+Preparation'+in+Bulgaria

これは、政府が西側寄りなのと対比してブルガリア国民と右派には伝統的な親露感情があることを利用した、ブルガリア国内の不安定化を画策したものなのかもしれません。

ただ、地政学的にブルガリアがロシア寄りになることはないでしょう。

ブルガリアはその偏執的なマケドニアへの固執により、常にギリシアと競合関係にあります。

二度の世界大戦では、マケドニアの併合を約束する中欧諸国側についています。

ロシアにとってはギリシアのほうが地政学的に重要であり、ギリシアとブルガリアがそろって親露陣営につかない以上、ギリシアのほうを選択することになると思います。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------

管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

露にとってのセルビアの重要性、西側にとっての危険性、大局的に

magyar.jpg

Jó estét.
エルジェーベトです。

今回は、エリシュカが書いたひとつ前のエントリについて、より大局的に。


バルカンの民族問題の構造を把握している人には、セルビアとセルビア人に対し露が影響力を持っていることの危険性はよく理解できる。

これはポーランドの研究所OSWが発表した、Russia in Serbia – soft power and hard interests という論文。この問題についての論文でもっとも簡潔でよくまとまっている。

http://www.osw.waw.pl/en/publikacje/osw-commentary/2014-10-29/russia-serbia-soft-power-and-hard-interests

今回はこれを見ながら私の見解を述べたいと思います。


まず押さえておかなければならないのは、ロシアが影響力を保持しているのはセルビア本国だけではない。ボスニアのスルプスカ共和国とコソヴォのセルビア人に対しても。

コソヴォのセルビア人に対しての露のアプローチについては、以前のエントリでも触れています。たとえばこれ。

http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-62.html

このときはコソヴォのセルビア人はロシアに対しロシア国籍の取得のための嘆願書を提出しています。

http://www.balkaninsight.com/en/article/russia-reviews-kosovo-serbs-request-for-citizenship

彼らにとってロシアの存在は予想以上に大きいものです。

これは、セルビア本国のセルビア人で西側に不満を持つ者たちと通じるものがあります。

90年代のユーゴ内戦の歴史を覚えている方にはわかりづらいでしょうが、セルビア人には常に被害者意識があります。

まあこれは、セルビア人だけでなくバルカン半島の民族に共通している心理的現象。

あそこに行けばどの民族も何かしら歴史的「不満」を持っている。

少なくともミロシェヴィッチなど腹黒い国家指導者などは除外できるにしろ、彼らにとってセルビア人のこの感情は道具として使い勝手がいいもの。

90年代のクロアチア内戦に連邦軍が参加した大義名分は、クロアチアの民族主義政権により「弾圧」されているクロアチアのセルビア人ディアスポラを「悪しき」クロアチア政府から守るというもの。

ついでながら、セルビア人には欧州の防衛者、具体的には欧州のためにイスラムと戦ってきたという意識もある。

コソヴォの戦いはこの文脈でも語られる。

こうした心理状態でクロアチア内戦に突入した際、気が付いたら世界の悪者扱いされていたことを自嘲して、当時のセルビアでは「セルビア語を話せ、全世界がわかってくれる!」というジョークがあったという。

ともあれ、こうした心理状態において、1999年にNATOに空爆され、その結果としてコソヴォには独立され、ミロシェヴィッチはハーグで死亡した。

先日プーチンがセルビアを訪問した際、「プーチン! NATOからセルビアを守って!」という横断幕があったという報道があった。


こうした西側不信は、クロアチアとアルバニアのNATO加盟とクロアチアのEU加盟によって増幅されていると思われます。

ムラディッチと並ぶクロアチア側の戦争犯罪容疑者ゴトヴィナが無罪放免されたのは、司法判断なのでそれ自体にはどうとも言えませんが、セルビア政府からは不信が向けられていました。

こうした風潮の中、セルビア正教会もロシアに接近しています。

セルビア大主教イリネイは7月下旬のモスクワ訪問でコソヴォ問題におけるロシアのサポートの重要性を訴えたが、

http://www.kurir.rs/irinej-kod-putina-nadamo-se-u-boga-i-rusiju-clanak-909257

こうした思惑とは別に、ロシアの正教会のように西側文化に対する反感もあるようです。


話がそれましたが、ロシアの影響力はスルプスカ共和国に対しても同じで、同共和国のドディク大統領は、今年9月にモスクワを訪問しただけでなく、プーチンのセルビア訪問時にもベオグラードに来ています。

http://eng.kremlin.ru/news/22969


さらに南ストリームの件やロシアとの経済関係もあります。


こうした状況下で、セルビアとコソヴォ、さらにアルバニアとの関係改善は一向に進んでいないどころか、先のアルバニアのラマ首相の「歴史的」セルビア訪問はコソヴォ問題に対する両者の対立をさらに激化した様相があります。

ラマ首相は帰国途上のコソヴォで、大アルバニアの旗を振る一団のところでわざわざ車列を止め握手をしています(動画あり)

http://www.rts.rs/page/stories/ci/story/1/%D0%9F%D0%BE%D0%BB%D0%B8%D1%82%D0%B8%D0%BA%D0%B0/1748021/%D0%A0%D0%B0%D0%BC%D0%B0+%D0%BD%D0%B0+%D0%9A%D0%BE%D1%81%D0%BE%D0%B2%D1%83+%D1%83%D0%B7+%D0%B7%D0%B0%D1%81%D1%82%D0%B0%D0%B2%D1%83+%D1%81%D0%B0+%D0%BC%D0%B0%D0%BF%D0%BE%D0%BC+%22%D0%92%D0%B5%D0%BB%D0%B8%D0%BA%D0%B5+%D0%90%D0%BB%D0%B1%D0%B0%D0%BD%D0%B8%D1%98%D0%B5%22+.html


そのほか、今年は1924年のユーゴスラヴィア王国時代のサンジャクでのボシュニャク人虐殺の記念関連で動きがあります。

ボスニア国内も根っこでは安定しているとは言えません。

さらに、これは民族対立には結び付きがたいとは思いますが、セルビア人とセルビア語の地位についてモンテネグロ国内で議論があります。


この時期に問題をややこしくする可能性があるのが、ヴォイスラヴ・シェシェリの帰国です。

これは、次のエントリでエリシュカが書きます。


それでは、今日はここまでです。

köszönöm. Viszontlátásra.




露軍、セルビア国内でセルビア軍と演習予定

base.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。

ここでご説明するのは久しぶりです。緊張しますね(笑)


さて、ロシア軍とセルビア軍との合同軍事演習がセルビア国内で行われます。

http://www.rferl.org/content/russia-serbia-to-hold-military-drills/26677924.html

http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=11&dd=05&nav_id=92148

これはSREM 2014と呼ばれる演習で、空挺部隊による対テロ戦という興味深いものです。

SREM(スレム)とは演習が行われるヴォイヴォディナ自治州の地名です。

セルビアのヴォイヴォディナ自治州はクロアチア、ハンガリー、ルーマニアに挟まれた26以上の民族が混住する自治体なのですが、今は煩瑣になるのでこの地域についての説明は避けます。

そもそもヴォイヴォディナ情勢に鑑みるとこの場所が選ばれたのにさして危険な意味はないと思われます。

11月6日にロシア軍部隊がセルビアに到着した模様についての動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=nDFY1cOYjLw


セルビアはロシアとの軍事協定を去年11月に結んでいます。

しかし、今の時期にセルビアがここまで突っ込んだ軍事協力行動を行うとは正直私も予想外でした。

セルビアは露への制裁には加わらないとしながらも、ウクライナ領土の一体性を尊重するなどEU寄り路線は崩さない方針ながらも、この決定は西側にかなりのインパクトを与えるものと思われます。

このブログで今までなんども繰り返してきたように、セルビアはバルカン半島の中心に位置し、クロアチア関係は改善してきているとはいえ旧来の相互不信がなくなるとも思えず、

またボスニアのスルプスカ共和国との密接な関係を保ち、

またサンジャクとコソヴォ関連で紛争の火種を抱えています。

前のエントリでご説明したサッカー乱闘事件とそれの余波としての民族衝突を見ても、バルカンでは今後も民族紛争の火種は残り続けます。


セルビアの政策の根本はやはりEU加盟でありロシアへの接近はそのためのセルビアの戦略的行動の一つなのかもしれません。

しかし、ロシアとの関係深化は、西側に不満を持つセルビア国民を精神的にバックアップしてしまう可能性があります。

1999年以降セルビアとセルビア人が深刻な武力紛争を行わなかった理由はEUの経済力とNATOの安定化の神通力ですが、それらからの制裁への恐怖も主な理由だったと思われます。

セルビア国民にロシアという後ろ盾がいるという意識を持たせることはこうした地域の安定化の精神的部分に亀裂を生じさせる可能性があります。

ちなみに、先のウクライナの親露派による選挙においてセルビア与党のセルビア進歩党に属する二人の議員が選挙監視団として現地入りしたことに対しウクライナ政府から抗議がありました。

http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=11&dd=05&nav_id=92143

これら二人はセルビア議会を代表して行ったわけではないとしています。


ところで、戦犯としてハーグに収監されているヴォイスラヴ・シェシェリが健康悪化の理由で本国への帰国が認められました。

シェシェリは90年代のクロアチア、ボスニア内戦においてセルビア急進党の党首としてセルビア過激民族主義の高揚に貢献し、また私兵集団である白鷲隊(Beli Orlovi)を組織し、「8件の人道に対する罪と、組織犯罪への加担の疑いによる6件の戦時国際法違反」の罪でハーグから訴追され出頭しました。

今でもシェシェリの支持者は多く、政治への影響を懸念する声もあります。


シェシェリが帰国したらそのままセルビアに留まるのでしょうか。

ちょうどこの時期にこのニュースが入ってきました。

90年代に旧ユーゴ連邦が内戦に突入した際の国防省であるヴェリコ・カディエヴィッチ氏が死去しました。

http://www.vecernji.hr/svijet/umro-bivsi-general-jna-i-ratni-zlocinac-veljko-kadijevic-970938

死去した場所はモスクワです。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、それでは、Dobrou noc! Na shledanou!

姉妹ブログのここでも書いているのでよろしくです!  http://belaoluja.blog.fc2.com/




プーチンのセルビア訪問

BlLIURFCcAAGGMl.jpg


Доброго вечора!

教祖です。

今回はプーチンのセルビア訪問について書いてみたいと思います。


ロシアのプーチン大統領が10月16日セルビアを訪問しました。

セルビア政府はプーチンを最上の待遇で迎えました

http://www.b92.net/eng/news/society.php?yyyy=2014&mm=10&dd=16&nav_id=91926

http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=10&dd=16&nav_id=91929

とりわけ目を引いたのが、セルビア国民の歓迎振りです。

プーチングッズが売られ

http://www.rferl.org/media/photogallery/putin-russia-serbia/26640219.html

このTシャツには「コソヴォはセルビア、クリミアはロシア」とセルビア語とロシア語で書かれています。

このような横断幕も見られました。

https://twitter.com/IrinaGalushkoRT/status/522706385411522560

「プーチン大統領、セルビアをNATOの攻撃から救ってください」と書いてあります。

もちろんセルビア国民の総意と言う訳にはいきませんが、やはり1999年以来セルビアが事実上の敗戦国としてEU、NATOに扱われコソヴォの独立や、クロアチア、ボスニア内戦では強さ弱さが違っただけでほぼ同じ事をしていたクロアチアの先行EU加盟などにセルビア国民はフラストレーションを感じているのではと思います。

この訪問で取り決められた7つの項目はこちらを読んで頂ければわかりますが、

http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=10&dd=16&nav_id=91928

軍事、経済、交通分野で思ったより突っ込んだ内容になっています。

軍事技術面での協力については、同様に伝統的親露国でありますがEU、NATO加盟国であるため西側に装備の刷新を求められているブルガリアとは対照的です。

http://www.bbc.com/news/world-europe-29593405

また情報の相互防護についても興味深いものがあります。


セルビアとしては、EU加盟をちらつかせられながらもEU、NATOから先述の扱いをされている立場として、ロシアというオルタナティヴを作っておくのは理解できます。

対露関係強化をちらつかせながらEU、NATOに譲歩を要求する戦術もとれるでしょう。

やはり今回の件はEUから懸念が表明されています。

http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=10&dd=17&nav_id=91941


バルカンはEU、NATO加盟・非加盟国が入り乱れる紛争多発地帯でEU・NATOの柔らかい横腹であり、西側との関係が緊張すればロシアはここに手をつけてくるとは以前から僕は考えていたことであり、事態はその通り進んでいるのかなという感想です。


さて、アルバニアとセルビアのサッカー試合での事件からアルバニア人と他民族との小規模衝突がセルビア、モンテネグロ、オーストリアで、さらにアルバニア南部のギリシア系住民が住む地域で暴力事件が起きました。

この件については、次のエントリで。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、До побачення!


*東欧北部について語っている姉妹ブログもよろしくです! http://belaoluja.blog.fc2.com/
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。