スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトン体制崩壊の可能性?

base.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


今日はボスニアからのニュースをメインにいくつか。

まず、ボスニアの「チーフ・ムフティ」ムスタファ・ツェリッチの発言。

「デイトン合意は廃棄されるべきだ」

デイトン合意は、ご存知のようにボスニア内戦を終結させたデイトン会議において作成され、その後のボスニアの政体を決定したものです。

この発言の中でツェリッチは様々な現在の害悪を「ボシュニャク人が自身で自身のことを決定できない体制のせい」と断じています。

この合意は内戦を行っていた三民族を外部の者(西側のコンタクトグループ、クロアチアとセルビア)が介入して合意を作成したもので、内戦終結・安定化という当面の目的のためであり、これらが達成された後は外部勢力の関与は減らしていくのが確かに道理であるとはいえます。

しかし、ボシュニャク人・クロアチア人のボスニア連邦とセルビア人のスルプスカ共和国との関係が良好でなく、そもそも内戦からまだ15年しか経過していないこと、内戦の様態は凄まじいものでありこれらを十分に冷却・安定化させるには時間がかかることを考えると時期尚早だと言えます。

そもそもツェリッチのこの発言はボシュニャク人についてのみであり、ともにボスニア連邦を形成するクロアチア人について何も触れず、またスルプスカ共和国についてはなおさらであることを考えると、かなり危険だと思われます。

今まで書いてきたようにスルプスカ共和国のドディク大統領がボシュニャク人への不信感を露にした言動を取ってきたことを考えると、まだまだデイトン体制は必要であると思われます。


さて、ロシアの在セルビア大使コヌーズィンは改めてセルビアをロシアは協力に支持すると言明。

セルビアのニコリッチ大統領は9月11日にロシアのソチでプーチンとの会談が予定されています。

やはりEUとの交渉ではコソヴォがネックになるようですし、ロシアへの傾斜は変化はないと思われます。

そういえば、スルプスカ共和国のドディク大統領、

「コソヴォ北部はセルビアに残るべきだ」

南はいいと言うことなのでしょうか?


さて、ところ変わってカスピ。

トルコ、トルクメニスタンとの間でガスパイプライン建設に動く

トルコはどうとして、アゼルバイジャンとトルクメニスタンはこの件では手を結ぶことになるのでしょうか。

両国はカスピ海上で縄張り争いをしていましたが、そのガス田の奪い合いよりもトランスカスピ・パイプラインで設けたほうが良いと計算したのでしょうか。


それでは、今日はこのへんで。

Dobrou noc! Na shledanou!

スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。