スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスニアの亀裂、続き

anica2

Picka ti materina!

アーニツァだ。


コソヴォについて目だった動きが無いので、今回は前回の続きを手短に。

非難合戦の様相を呈しているようだ。

ドディク、スルプスカ共和国大統領「ボシュニャク人はイスラム法をボスニアに布こうとしている」

ボシュニャク側もドディクを非難


ドディクはボスニアの分裂は自然の流れだという意味のことを言ってるなぁ。

あと気になるのは、ドディクがクロアチア人も被害者になりつつあるということも言っていることだ。

繰り返すが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナはセルビア人のスルプスカ共和国と

ボシュニャク人、クロアチア人のボスニア連邦とで成り立っている。

ボシュニャク人側のニュースではムフティという位階の名がよく聴かれるようになり、

またボシュニャク人主体で「ボスニア語」なるものが作られているという。

思い出して欲しいが、ボシュニャク人とクロアチア人も内戦時には殺しあっているのだ。

スルプスカ共和国とボスニア連邦との亀裂と同じくらい、

ボスニア連邦内でボシュニャク人とクロアチア人の関係がどうなっているのか非常に気になる。


ドディクの発言は、こうしたことを見越してボスニア連邦内の亀裂をさそう戦略的なものかなぁ。


今夜はこれまでだ。

Laku noc i Do vidjenja!
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。