スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市街地戦争における問題概観

anica2

Picka ti materina!

アーニツァだ!


今日は市街地戦争についてだ。

市街地戦争はそれ自体は正規戦、非対称栓双方を含む。市街地という地形は他と同じくニュートラルだからだ。

しかし、キレイでスマートな戦争を行いたい先進国の軍隊にとって非常に困難である市街地戦争では非対称戦が生起しやすい。

今回は市街地戦争における諸問題の概観を書いておくことにするぞ。

古来より市街地戦争は多々ある戦争の中でもっとも困難なものでありできれば避けるに越したことは無いと言われている。

それは現代においても変わらないどころか先進諸国の軍隊にはより困難なものとなっている。

とりあえず、市街地戦争の困難さの基本的なところを把握しておこう。

試しに、君の部屋の窓を開けてみるのだ。

そして狙撃兵、または小銃やグレネードランチャーを構えた歩兵が隠れていそうな場所を探してみるといい。

彼らに対処するにはどうしたら? まあ実際には窓から顔を出した瞬間にやられてしまうだろうが。

また、君を襲うのは弾丸やグレネードだけではない。それらが例えば窓ガラスやコンクリートの壁に当たれば破片が君を襲う。建物の当たり所が悪ければ君は倒壊する建物の中で圧死するかもしれない。

場所によっては危険なガスが発生するところもあるだろう。

そこで、また例えば君が部隊を率いて敵と戦っていると仮定しよう。

そのとき通信手段は? 破壊された電子機器などからの電波で通信不能かもしれない。

敵にとって好都合な昼間を避けて夜間に、また暗い建物の中で戦う場合、赤外線スコープは役に立たないかもしれない。市街地では、特に破壊された状況では赤外線スコープに移ってしまう邪魔物が多く存在するだろう。

近接航空支援は、回転翼機は建物の最上階や屋上から簡単に狙えるし、固定翼樹からの攻撃はそれが精密誘導弾であっても市街地のようなごちゃごちゃしたところでは余計な被害をだす恐れがある。

第一次チェチェン戦争でグローズヌイ市に突入したロシア軍戦車は建物の上階からRPGで後背部を破壊された。

さらに市街地にまだ住民が残っている場合、彼らの損害を出さずにどうやって敵のみを倒すことができる?

と、ざっと市街地戦争における困難さを書いてみた。

このような状況下ではキレイでスマートな戦いを要請されている先進諸国の軍隊は困難な闘いを強いられる。

彼らの戦争の最重要課題であるC4IRS、簡単に言って司令部から末端まで情報を共有し、見えない中で各友軍部隊の位置・状況を把握しまた敵情報を正確にとらえ、すばやく的確かつ効果的に戦闘行動を行うには障害があまりに多い。

さらに、問題となるのは戦場となった市街地に民間人が居住している場合だ。

戦場である市街地は彼らの財産そのものであり、生存するために不可欠なものである。

仮に首尾よく戦争を終らせたとしても、市街地の破壊の程度によっては民間人のケアにかなりの努力をしなければならない。インフラが復旧するまで夥しい民間人のために食料や水を供給し、戦後はインフラ復興を迅速かつ効果的にやらないと都市住民特有の群集心理によって手に負えない自体に突入するかもしれない。

しかし、市街地戦闘は避けられないものである。

よくカウンター・インサージェンシー(例えば対ゲリラ戦)でゲリラ側が農村部など市街地の周囲を掌握して戦略的優位にある場合を攻撃側の「点と線だけの占領」というが、仮に攻撃側が「点と線」以外の部分を占領したとしてもそれも成功とはいえない。「点と線」は不可欠なものである。

それは、都市がその地域の政治的、経済的、またメディアや宗教など心理的に重要な拠点であるからだ。

そのため、例えば米軍などは市街地戦争を冷戦時代より研究してきた。

その卓越した軍事テクノロジーと戦略・戦術の研究により、いくつかの先進国の軍隊は都市における正規軍同士の戦争には高い確率で勝利を収めることができる能力を持つようになった。

しかし、非対称戦を行う対手の問題はまだ解決してはいない。



今日はこんなところだ。


今回は、後日市街地における非対称戦を取り扱うのに先立って、市街地戦争がどんなものであるか、どのような諸問題があるのかを書いてみた。



それでは、 Do vidjenja!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。