スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロアチア・セルビア関係悪化、再燃

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。

ここ最近セルビア・クロアチア関係が悪化しています。

発端は、第二次大戦時のウスタシャ政権下でザグレブ大司教であったアロイジエ・ステピナッツの名誉回復です。

ステピナッツは社会主義ユーゴでは戦犯扱いでしたが、1998年に当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がザグレブを訪れ、ステピナッツを列福しています。

7月22日、ザグレブ州裁判所の決定で法的にも名誉回復がなされました。

このことについてセルビア政府は抗議の書簡をクロアチアに送りましたが、クロアチア側もこのような問題で地域の安定を損なうことは不適切であるという抗議の書簡を逆にセルビアに送りました。この書簡はどちらも「欧州に価値観に照らして」相手を抗議しているのが印象的です。

この件はこれだけに留まりませんでした。クロアチア内戦時、激戦地だった東スラヴォニア地方におけるクロアチア側の指揮官ブラニミル・グラーヴァシュは戦犯として起訴されザグレブ州裁判所、クロアチア最高裁で懲役刑になってましたが、クロアチア憲法裁判所はこの決定を覆したため最高裁で再審となっていました。そして無罪の評決が出たためこれについてもセルビア側が抗議。
http://www.b92.net/eng/news/region.php?yyyy=2016&mm=07&dd=29&nav_id=98760
http://www.balkaninsight.com/en/article/croatian-general-glavas-s-war-crimes-retrial-opens-06-02-2016

話はこれで終わりません。7月31日に、社会主義ユーゴ時代在スウェーデンのユーゴ大使を暗殺したミロ・バレシッチの記念碑の除幕式がクロアチアで行われました。

バレシッチは戦後生まれなのですが、クロアチア民族主義者の立場から兵役を拒否したかどでゴーリ島にあった政治犯収容所に入れられます。彼は刑期終了後国を出てクロアチア民族レジスタンス(HNO)に身を投じます。HNOはウスタシャ関係者も参加しているクロアチア民族主義者の組織でテロ活動などを行っていました。バレシッチはスウェーデンで、彼が政治犯収容所に収容されていたときの所長であった当時のユーゴ大使を1971年に暗殺します。そのかどでスウェーデンで服役し、その後HNOのメンバーが90年代前半のクロアチア独立戦争参加のために帰国したのとともにクロアチア入りし、内戦の最中死亡します。

これについてセルビアのステファノヴィッチ内相は、「冷静かつ理性的に語るのは難しい」と自分の激怒の心境を述べています。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=08&dd=01&nav_id=98772

さらに、と続きがあります。この除幕式にクロアチアのハサンベゴヴィッチ文化相など二人の閣僚が参加しました。ハサンベゴヴィッチ文化省は以前から若いころのウスタシャシンパぶりを報道されて話題になっていた人物です。

セルビア政府がクロアチア大使にこの2件について抗議の書簡を手渡そうとしましたが、クロアチア大使は受け取りを拒否しました。
http://inserbia.info/today/2016/08/serbia-sends-two-new-protest-notes-to-croatia-ambassador-refused-to-accept-them/

これにさらに火を注いだのが、8月4日の嵐作戦記念日です。嵐(オルーヤ)作戦はクロアチア内戦当時セルビア人によって建設されたクニンスカ・クライナ共和国をクロアチア政府軍が妥当して内戦を終結させた戦いです。この戦いは実質的に民族浄化であり、指揮官のアンテ・ゴトヴィナ将軍はハーグに起訴されましたが無罪放免となって帰国しています。
これについては以前のエントリをご参照ください。http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-133.html

この記念日に、クニンスカ・クライナ共和国の首都であったクニンでセルビア国旗を焼く、ウスタシャの合言葉を叫んだりウスタシャの党歌を放歌する行進が行われるなどが行われました。
リンク先に動画があります。
http://mondo.rs/a927246/Info/Ex-Yu/Ustase-u-Kninu-pale-srpsku-zastavu.html
http://www.blic.rs/vesti/politika/novi-skandal-u-kninu-marsirali-gradom-u-ustaskim-uniformama-uz-nacisticke-pozdrave/l41h368

グラーヴァシュ以外の「戦犯」は社会主義ユーゴ下で断罪されたものであり、社会主義ユーゴから脱して独立したクロアチアでは民族解放のための闘士として見なされています。

それはセルビアでも言えることで、去年チェトニクの指揮官だったドラジャ・ミハイロヴィッチ(消極的だったうえにティトーとの戦いを優先して敵のはずの独軍と共闘するなどしていましたが)の名誉回復が行われ、また独軍占領下の傀儡政権の長であったネディッチの名誉回復を求める動き(これがなぜなされるのか正直私にもわかりません)があります。

バルカン人特有の被害者意識と独におけるナチスを絶対悪とするポリティカルコレクトネスと同様のものがないという条件が合わさって、今後も両国ではこうした動きとそれに対する反発の繰り返しが起きるものと思われます。

セルビアのダチッチ外相は「なぜ欧州諸国は黙っているのか」「クロアチアのように振る舞うことがEU加盟の条件であれば、我々はそんなことは望まない」と欧州への怒りを表明しており、今後セルビアのEU加盟への熱意が低下する可能性があります。嵐作戦に西側諸国からの多大な援助があったように西側にはクロアチアには甘い傾向があります。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=08&dd=02&nav_id=98797

こうした中、珍事がありました。

クロアチアの島で嵐作戦記念日にチェトニクの旗を立てたとして観光客が逮捕。逮捕されたスイス人男性は「これは海賊旗で、息子がパイレーツオブカリビアンが好きなので建ててやったもの」と主張。
http://www.balkaninsight.com/en/article/croatian-nationalists-mix-pirates-with-chetniks-08-09-2016

写真の旗に「自由か死か」の文言が入っていないので、この件は無罪と思われます。


今回はこんなところでしょうか。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。