スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マケドニア、クマノヴォの銃撃戦について

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


さて…

日本でも報道されていますが、マケドニア北部の町クマノヴォで9日からアルバニア系武装集団とマケドニア警察との銃撃戦が行われ、警官8名、武装集団14名の死者を出して鎮圧されました。

クマノヴォは首都スコピエからセルビアへと通ずる幹線道路が通り、またブルガリアの首都ソフィアへの道路の分岐点でもあります。

まだ今後情勢がどう動くかは注視する必要があります。

ブルガリアの報道ではクマノヴォ外でも銃声が聞こえたとありますが、これについては今のところ頭の片隅においておく以上のことはしないほうがいいと思われます。
http://www.blitz.bg/news/article/335790?utm_medium=twitter&utm_campaign=news3&utm_source=twitterfeed

マケドニア政府は武装集団は、どこからとは言いませんが「越境して来た」と発表し、グルエフスキ首相は武装集団の何人かは中東で戦闘訓練を積んだと声明を出しています。
https://twitter.com/BogdanovskiA/status/597402916253736960


これはあくまでも武装集団と警官隊との銃撃戦であり、アルバニア人とマケドニア人との民族紛争ではありません。

クマノヴォのアルバニア人の一部はセルビア側に避難するなど、一般レベルで戦闘に関与した者は少ないと見られます。
http://www.tanjug.rs/full-view.aspx?izb=178077#.VU5Hzf889Kx.twitter

マケドニア警察スポークスマンのコテフスキによれば武装集団は元NLA(アルバニア人民解放軍)メンバーにより作られたとのことです。そもそもこの銃撃戦はマケドニア当局による過激派掃討作戦に対する応戦であり、マケドニア当局は相手側についてあらかじめ情報を持っています。
http://www.balkaninsight.com/en/article/macedonia-mourns-for-killed-policemen-while-shootout-continues?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+LatestHeadlinesFromMacedonia+%28Macedonia%3A+Latest+Headlines%29


NLAは、1999年のNATOによるユーゴ空爆後コソヴォのアルバニア人が高揚していた時期、2001年の冬から春にかけてクマノヴォ含むマケドニア北部一帯で活動したのち、マケドニア南部の都市オフリドでマケドニア人とアルバニア人との和平合意が結ばれてのち解体され、

元NLAのメンバーにより民主統合連合(DUI)という政党が立ち上げられました。

そして、傍目には奇妙なことながら、現在のマケドニアの政権は、マケドニア人民族派のVMRO-DPMNEとこのDUIの連立政権です。
http://www.independent.mk/articles/16771/VMRO-DPMNE+and+DUI+Coalition+Functions+Properly

今後、この2つの連立政党の関係がどのようになるのかが注目すべき点となります。


さて、この問題はさらに複雑なのです。

マケドニアの現野党のマケドニア民主社会同盟(SDSM)は現政権と鋭く対立、というか泥仕合的な関係となっています。

政権側はSDSMを外国のスパイであるとし、また野党側は政権内の通話内から殺人事件への関与が疑われる内容が得られたということで、この銃撃戦まで野党が率いる激しい反政府デモが行われていました。


今後注目したい点は以下。

1. グルエフスキ首相の立場はこの銃撃後どうなるか。アルバニア系過激派への対処がマケドニア国民にどう評価されるか。

2. あるいはグルエフスキ首相はこの件をどう野党対策に利用するのか。

3. DUIとの関係。


この件についてブルガリアは大きな関心を持っています。

モンゴルを訪問中のプレヴネリエフ大統領はこの件について声明を発しました(特に興味を引く点はなかったです)
http://www.blitz.bg/news/article/335786?utm_medium=twitter&utm_campaign=news3&utm_source=twitterfeed

2001年のときはブルガリア(当時NATO非加盟)軍に援助を頼むという話もあり、ブルガリアはマケドニアにとって良くも悪くも関係の深い相手であり続けています。

ブルガリアの極右アタカはマケドニアを助けにいくべきだと主張しています。

ギリシアの反応に興味があるのですが、彼らは債務問題のことで頭がいっぱいのようです。


ちなみにセルビアの軍事評論家が、ロシアが進めるトルコストリームを念頭に置いて、トルコストリームが通る予定の国々でもっとも不安定化の懸念があるのがマケドニアであり、マケドニアでの反政府デモの激化にはワシントンの影響があると言っていたことを引用して、今回の件はその延長戦上にあるというセルビアの記事がありましたが、眉唾です。

何度も書いていますように、バルカンは西側に取って柔らかい腹であり、

ここの不安定化は自分に跳ね返ってくるのです。


次は、続報があれば書きますが、それとスルプスカ共和国内でのテロ事件について触れてみたいと思います。

今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!


---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。