スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシア、親露派政権の誕生

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


さて、ギリシアに先日極左政党SYRIZA(Συνασπισμός Ριζοσπαστικής Αριστεράς)を与党とするツィプラス政権が誕生しました。

これは右派政党の独立ギリシア人(ANEL: Ανεξάρτητοι Έλληνες)との連立政権です。

この連立に関しては、反緊縮財政以外政策上の共通点がないという声を聞きます。

しかし、あと二つ、反EUと親露のスタンスという共通点もあるのです。


ツィプラス政権がどのような内政を行うかについてはまだ未知数ですしこのエントリでは論じません。

ここでは、当面予想される、ツィプラス政権がEU・NATOの対露政策に与える影響について見てみたいと思います。


ツィプラス首相が就任後初めて行ったのは、第二次大戦時に独軍により処刑された200名のギリシア人の追悼でした。

http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2015/01/26/greeces-new-prime-minister-wants-germany-to-pay-for-nazi-war-crimes/

SYRIZAは基本的に独に第二次大戦の賠償を求める立場であり、EU内でのギリシア・独の不協和音の増大が懸念されます。


さらに、SYRIZAは明確な親露的スタンスを取っています。

EUの対露強硬政策には一環して反対し、またツィプラスは昨年5月にロシアを訪問した際クリミアの「独立」を支持する旨を表明しています。

https://euobserver.com/foreign/127393#.VMgxVu_mPQ8.facebook

独立ギリシア人もこのスタンスです。


ギリシアはロシアにとって非常に地政学的に重要な位置にあります。

逆に言えばEU・NATOにとってロシアにここに付け込まれるのは当然厄介なことになります。

しかし債務問題について現ギリシア政府とEU間に軋轢が生じるならば安全保障上の論理から外れたところでEU・NATO内でギクシャクが生じる恐れがあります。

この記事はそうした懸念について書いたものですが、

http://www.neurope.eu/article/new-greece-and-nato%E2%80%99s-world-warcraft

こうした軋轢は、バルカン半島の国際関係のシステムの構造を変化させ、新たな不安定化を招くかもしれません。

しかし現在のギリシア問題の根本的な部分であるギリシア人の意識は短期間で変わるものではなく

http://carnegieeurope.eu/strategiceurope/?fa=58826

http://carnegieeurope.eu/strategiceurope/?fa=58821

このポピュリスト連立政権はそう簡単にEU寄りにはならないのではと思われます。


とりあえず期待されるのが、SYRIZAの対外政策の穏健的性格によりマケドニアなどとの関係が改善されることですが、右派政党と連立を組んでいる以上どこまでそれができるのかはまだ不透明です。

ともあれ、今後はセルビアと並んでギリシアも注視していく必要が出てきたようです。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。