スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロアチア、戦犯に対する判断が覆る

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


こちらも間が空いてしまい申し訳ありませんでした!

中の人が12月初旬から中旬までノロで倒れていたのと、露の経済危機の影響について考えがまとまらなかったからです。

さらに中国のこの地域への経済的進出、中国の動向は専門外なのでここを考えることにも時間を使ってしまいました。


今回は、筆慣らしに簡単な話題を。

クロアチアの憲法裁判所は戦犯グラーヴァシュ(ボスニアで8年の懲役刑に服役中)に対する最高裁の判決を覆した。
http://www.b92.net/eng/news/comments.php?nav_id=92838

ブラニミル・グラーヴァシュはクロアチア独立を主導したHDZの設立者の一人で、

東スラヴォニアのオスィエク地区の司令官として戦った際にセルビア人に対し残虐行為を行ったとしてクロアチア国内で(当時国会議員でしたが)2005年から調べが始まり2010年最高裁で8年の懲役刑が言い渡されました。

このあたりがわかりづらいのですが、彼はボスニア国籍も持っていたこともありボスニアのボスニア連邦(つまりクロアチア人・ボシュニャク人主体の地域)モスタルで服役中でした。

1995年にクロアチア内戦が終わってから2005年まで何事もなく政治家人生を歩んできたのですが、

EU加盟のためにこの人物の存在が厄介になってきたこと、さらにHDZ内の権力闘争もあったと思います。

こうしたことだったのだが、EU加盟は果たしたしもういいということなのでしょうか。


この事態の進展によっては、気になるのはセルビアの反応、セルビア人の感情の悪化です。

ただでさえ、ハーグから療養を理由に返されているシェシェリのヴコヴァルについての言動などにより、現在クロアチア・セルビア関係は非常に悪いです。

クロアチアはセルビアのEU加盟を認めないとまで言っており、

この件でEUが対応を間違えるとセルビア国民のEU加盟意欲がさらに減退し露の浸透がより深くなるのではないかと思われます。

西側が間接的に支援したクロアチア政府軍による1995年のセルビア人勢力潰し(嵐作戦)の指揮をとったアンテ・ゴトヴィナ将軍は、

セルビア人に対する残虐行為のかどでハーグで審理を受けましたが無罪放免となってこのときもセルビア人の西側に対する感情は悪化しました。

まだシェシェリはセルビアにいる予定であり、
http://www.b92.net/eng/news/crimes.php?yyyy=2015&mm=01&dd=13&nav_id=92847

セルビア・クロアチア関係のさらなる悪化が予想されます。


ちなみに、これはクロアチアがEU加盟前からスロヴェニア等隣接国と査証なし渡航協定を結んでいたからなのですが、ルーマニア・ブルガリアよりも早くシェンゲンの壁の中に入りそうなのですよね。

EC加盟国だったギリシアは置いておくとして、これら二国から見るとカトリック圏と正教圏で区別してる印象を受けるかもしれません。


ともあれ、西側はそろそろセルビアに対し敗戦国扱いをやめないと露の浸透を許してしまうだろうというのはこのブログでも以前から言ってきたことです。

西側もそのあたりはやっと理解してきたようですが、上記の件に加えてコソヴォのハシム・サチのセルビア人臓器売買疑惑、さらにコソヴォからのセルビア人難民の帰還問題にも意欲的に取り組むべきなのではないでしょうか。


露の浸透は予想以上に進行しているようです。

この記事では、「プーチンのオーケストラ」というセルビア国名の親露派についての言及があります。
http://www.neweasterneurope.eu/interviews/1360-the-russification-of-serbia

http://issat.dcaf.ch/Home/Community-of-Practice/Resource-Library/Other-Documents/Putin-s-Orchestra


今日はこんなところでしょうか。

それでは、それでは、Dobrou noc! Na shledanou!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。