スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルビア、サンジャクの現況

BlLIURFCcAAGGMl.jpg


Доброго вечора!

教祖です。


今日はサンジャクからのニュースについてです。

セルビアのサンジャク地方は面倒な地域で説明が煩瑣になるので、サンジャクの基礎知識について説明した以前のツイートをお読み下さい。

前前任者のアーニツァさんとすぴかさんによる説明です。懐かしいですね!

http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-7.html

http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-43.html


今の状態は概ねこれらの時期から変わっていません。

最近のニュースでは、Facebookにてセルビア人からサンジャクを守る武装組織の人員を募るアカウントが作成され、セルビア当局に目をつけられる事態になりました。

http://www.balkaninsight.com/en/article/serbian-prosecution-to-investigate-army-of-sandzak

今の時点でサンジャクで物議を醸しているのは相変わらずムフティのムアメル・ジュコルリッチです。

記事によれば共産主義者によるボシュニャク人虐殺70周年にあわせてイスラムの色である緑の服を着せた若者達にパレードさせるなど、順調に緊張を高めています。

これは去年11月の記事ですがジュコルリッチがモンテネグロ側のサンジャクの都市プリエヴリャはサンジャク全体の首都であると発言するなど、面倒な地域にあって面倒な言動を繰り返しています。


しかし、まだサンジャク全体が危険であるとはいえないのは、ジュコルリッチはサンジャクのボシュニャク人を全て掌握しているわけではないからです。

ただここのボシュニャク人の政党である民主行動党(SDA)のイマモヴィッチ副党首がサンジャクは南チロル化すべきだと発言するなど、彼らの自治権獲得の意思は基本的に強いものがあります。

http://www.b92.net/info/vesti/index.php?yyyy=2014&mm=09&dd=24&nav_id=903283


さきほどご紹介した過去の説明エントリでも書いてあるように、そもそもベオグラードにいるサンジャクの政治的リーダーが二人つまりラシム・リャーイッチ副大統領兼外務・商務・通信大臣と民主行動党のリーダーであるスレイマン・ウグリャニン元無任所大臣(2014年4月まで)がいて、サンジャクは一枚岩ではありません。

それゆえサンジャクが一丸となって危険化する可能性は今のところ低いと思われますが、しかしバルカンのイスラム教徒のイスラム色が強くなっている昨今、目が離せない地域ではあります。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、До побачення!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。