スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコリッチ、トルコへ

sabun.jpg


Dobry vecer!

エリシュカです。


えーと、最近セルビア議会で野党が解散総選挙要求を強めてますね。

ニコリッチ政権、ダチッチ内閣が成立してまだいくらも経ってないのですが、一向に改善しない経済、汚職、コソヴォ情勢に国民が不満を持っているだろうこと、

そしてEU参加協議を控える今、それらが改善できていないことでEU参加交渉に不利になるということを国民にアピールすることで票を得られるという読みがあるようです。

特にダチッチのスキャンダル(麻薬密売組織とのつながりの疑惑)などが出てきている今、政府与党に対し攻勢を強めています。

しかし上記の諸問題は前タディッチ政権で解決できなかったものであり、それに対する国民の審判が去年の選挙だったわけで、彼らの読みどおりに行くかどうかははなはだ疑問です。

ただ、与党支持者が現在の政府与党に失望して投票しなかった場合相対的に野党の得票率が上がって地すべり的にリベラル政権が復活する可能性もあります。

今のところ政府与党は解散要求には応じない方針です。


さて、ニコリッチは二月四日より二日間トルコを訪問しました。

http://www.b92.net/eng/news/politics-article.php?yyyy=2013&mm=02&dd=04&nav_id=84503

トルコのギュル大統領とは主に経済についての会談で、

http://www.b92.net/eng/news/business-article.php?yyyy=2013&mm=02&dd=05&nav_id=84523

トルコの財界とも会談しセルビアへの投資を呼びかけています。

http://www.b92.net/eng/news/politics-article.php?yyyy=2013&mm=02&dd=05&nav_id=84535

記事で面白いと感じたのは、サンジャクへの投資を呼びかけているところです。

同じイスラム教徒で投資を受け入れやすい、という理由ですが、これはサンジャクのボシュニャク人の経済状態を改善して政府に対する不満を和らげる、

またトルコを彼らのパトロンとしておけばトルコとの関係を悪化させないことでボシュニャク人が後ろ盾を得て先鋭化するのを防ぐ意図があると思われます。

もちろんこれは諸刃の剣ですが。

トルコはあまりにEUがトルコの加入を拒否するのならEUへ関心を向けなくなることもありうると最近言っていますが、上海条約機構(SCO)はEUの代替物とはなりえないとも言っており、

http://www.b92.net/eng/news/world-article.php?yyyy=2013&mm=02&dd=03&nav_id=84493

ニコリッチとの会談で、双方とも互いにEU加盟を支援することを確認しています。


ちなみにトルコといえばこんなニュースがありましたね。

「ハンガリー大統領、まさかの発言「150年のトルコ支配はいいことだった」

http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20110126_094532.html

これは前回お書きしたツラニズムが背景にあるようです。


さて、ところ変わって次はギリシア。

ギリシアの極右「黄金の夜明け」がドイツ南部を訪問して現地のネオナチと交流し、またドイツ在住のギリシア人から党員を募集するという計画です。

http://www.guardian.co.uk/world/2013/feb/05/fears-germany-golden-dawn-greece

ギリシアの極右とドイツのネオナチが実際に交流したら「金返せ!」「帳消しにしろ!」とかで乱闘になりそうですが…

しかしこのサイトの動画のように移民への攻撃、そして警官が何もしないという状況は非常に恐ろしいと思います。

これが北のマケドニアやアルバニアに向いたら…ということです。

最近でもアルバニアのベリシャ首相が大アルバニア主義的発言でギリシアから苦情が来ましたし、

マケドニアは以前ご紹介した「スコピエ2014年」でギリシアを痛く刺激する可能性があります。


それでは、Dobrou noc! Na shledanou!

スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。