スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難民問題がセルビア・クロアチア関係に及ぼした影響

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


よおおおおおおやく、バルカン半島での難民問題の影響の大まかな形が見えてきました。

正直のところ私はこういう形で南東欧諸国の関係に影響を与える事態が起きるとは思っておらず、

またバルカンでは問題は南から起きると思っていましたので、難民問題がハンガリー国境地域で問題を起こすとは予想していませんでした。

それで記事を書くタイミングを計りかねていたのですが…


とりあえず、固まってきたとはいえまだ流動的ですので、今回はセルビア・クロアチア関係のみとりあげて、おおまかな概観を書いてみたいと思います。

細かいところは今後のエントリで逐次書いていきます。



難民が南東欧に到来してから事態が比較的長期にわたり流動的になっていましたが、ドイツが国境検問を再開して以来状況が固定化してきました。

ドイツの決定により正当化されたかの如くハンガリーがセルビアとの国境警備を強化し、フェンスの向こう側の難民に対し放水銃などを使用する事態となり、難民の流れがクロアチア方面に変わりました。

クロアチアは当初難民受け入れに積極的な姿勢を示していましたがすぐに態度を変え、セルビアとの国境にある検問所を一か所のみ残して封鎖し、そのうえセルビアの通行許可証保持者あるいはセルビアナンバーの車両を国境で足止めするという過剰ともいえる措置を取りました。

この件でセルビアが反発し、両国関係が悪化する事態となりました。EU側がクロアチアに態度の変更を促すなど働きかけ、今現在国境は再び開かれています。

私が南東欧における難民問題の影響としてもっとも危惧していたのは、難民の押し付け合いなどでバルカン諸国同士が持つ潜在的な敵意が増幅されてしまうことでした。

今回セルビアはクロアチアのとった措置に対し強硬に反発しましたが、実際にはセルビアの難民問題を悪化させたのはハンガリーの政策ですし、また先ほど述べました国境での騒動でハンガリー警察がセルビア領に向けて放水銃などを発射し、セルビアは抗議したものの関係悪化は望まないという方向で両国が合意しました。クロアチアに対する反応とはだいぶ違います。

クロアチアのとった措置も過剰ですが、セルビア側の反応も過剰だと思われるところがありました。

クロアチア・セルビア関係は、今までのエントリで書いてきたように、今回の件までにすでに悪化していました。

難民問題がどういう形でか解決されたとしても、セルビア・クロアチア関係にもたらした悪影響はぬぐうことはできないでしょう。

今後も両国関係は予断を許しません。

ドイツをはじめセルビア・クロアチアの周辺国が国境検問を再開している以上、ドイツ行きを希望する難民がここに留まることになり問題はなに一つ解決されていないからです。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!
スポンサーサイト
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。