スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウスストリーム計画中止とバルカン諸国の今後

magyar.jpg

Jó estét.
エルジェーベトです。


ロシアがサウスストリーム計画を中止したことはもう日本国内で報道されているので、経緯についてはここでは書かない。

まだ知らない人はここを読んでください。見た中でもっともよくまとまっている。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80434610T01C14A2000000/


政治家たちの声を聴く限り、バルカン諸国でサウスストリームが通るはずだった諸国の反応は、パニックといっていい。

どれも一様に、「まて! あれはプーチンの策だ! まだ望みはある!」の声。

スロヴェニアはまだ計画は終わっていないとの立場。ボスニアのスルプスカ共和国もまだ望みはあると。
http://www.b92.net/eng/news/region.php?yyyy=2014&mm=12&dd=03&nav_id=92445

これはセルビアでも同じ。今回の件の中心であるブルガリアにおいてすらこうした声が上がっている。マケドニアでも。
http://www.balkaninsight.com/en/article/balkan-countries-mourn-south-stream-halt

ハンガリーでも、極右政党のヨッビクが同じ主張をしている。
http://www.politics.hu/20141204/gas-pipeline-avoiding-ukraine-must-for-hungary-says-jobbik/

ただ、サウスストリーム計画はもともと採算が取れるかどうかについて疑問視されていたものであり、ロシアの今回の決断が採算の問題からだったとすれば、バルカン諸国はとらぬ狸の皮算用を熱心に行っていたことになる。


ユンカー欧州委員会委員長はブルガリアを十分に支援すると表明。
http://www.novinite.com/articles/165210/Juncker%3A+European+Commission+Will+Tolerate+No+Blackmail+over+South+Stream

EUはサウスストリーム計画についてのロシアとの会合は今後とも続けるとしながらも、ロシアはEUの競争法を順守するべきとの主張は変わらない、ボールはプーチンのほうにあるとしている。


上で書いたように今回のロシアの決断の理由が採算の問題にあるとすれば、サウスストリームはどのみち戻ってこないことになる。

その場合考えられること。

この地域で、非EU、非NATO加盟国で、西側に対する被害者意識とロシアへの親近感が強く、またバルカン半島のもっとも重要な場所に位置するセルビア。

西側に絶対服従するか、

あるいは、反西感情を強めるか。

もちろん反西感情を強めたとしても、セルビア国内の状況をどうできるわけでもない。

ただ、バルカン諸国の人間は一度頭に血が上ると非合理な行動に走りやすく、

さらにどうにもならない経済状況から自暴自棄になる可能性もある。

票を入れるのは、国民。

さらに、悪いことに、今シェシェリが帰ってきている。


ブルガリアにしても同じ。

ユンカーが言ったことを十分にやらないと、有権者が次の選挙でどう行動するかわからない。


今回はEU側が規制をたてに計画を台無しにしたという認識が広まっており、ブルガリアだけでなくセルビアなど他の諸国にも十分な補填をしてやらないと、西側にうらみつらみが行くことになる。


さらに気になるのが、セルビア・クロアチア関係。

クロアチアでは今、アドリア海の島クルク島でのLNGターミナル計画が進んでいる。
http://www.balkaninsight.com/en/article/gas-terminal-on-croatian-island-becomes-strategic-priority#.VIBesnaVhh4.twitter

まだこの先どうなるかわからないけど、これがうまくいった場合、セルビア人に今までのに加えてさらに不公平感が生じる恐れがある。

セルビアのニコリッチ大統領は、現在のクロアチアとの関係を「氷河期」と形容している。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2014&mm=12&dd=03&nav_id=92447


ともあれ、今後はまたナブッコが復活して、またぞろ南コーカサスが地政学的に重要な地域になるのでしょうか。

今の欧州にあそこまで手を伸ばす力があれば、ですが。


それでは、今日はここまでです。

köszönöm. Viszontlátásra.


姉妹ブログ http://belaoluja.blog.fc2.com/

と本家サイトもよろしくです。中の人がこんなことやってます。
http://seeuro.com/
スポンサーサイト
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。