スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南コーカサスへの圧力

base.jpg


Dobry vecer!

エリシュカです。


久しぶりのエントリなのに申し訳ないのですが、まだまだ多忙なので今日は短いものを一つ投下です。

もう少しでちゃんとしたエントリに戻れると思います。


まず、南コーカサス。

アルメニアとアゼルバイジャンの最近の対立の件は以前のエントリでご説明しました。

アルメニア、アゼルバイジャン関係緊張の可能性

南コーカサスについては、ロシアの動きが二つ入っています。

CSTO、アルメニアで軍事演習

この演習では、ロシアの主導の下ベラルーシ、タジキスタンとキルギスタン、カザフスタンが参加しています。

そして、

ロシア軍、北コーカサスで軍事演習

もちろん後者は未だにくすぶっている北コーカサスの反乱分子への示威行動の側面があるでしょう。

しかし、ちょうどアゼルバイジャンやグルジアをはさむ形で行われたこの二つの演習はこの二国に対する示威でもあると思われます。

以前のエントリでNATOのラスムセン事務総長が南コーカサス諸国を歴訪したと書きましたが、それに対するロシアの反応であるとも考えられます。

アゼルバイジャンは西側へのパイプラインの起点であり、グルジアはその中継地です。

西側にとって地政学的に重要なこの二国を分断し圧力をかけることによりアゼルバイジャン(グルジアはとうに敗北しています)の対西接近を阻止する狙いがあると思われます。


さて、ところ変わってボスニアのスルプスカ共和国。

大統領のドディクは相変わらず危険な発言を繰り返しています。

「ボスニア・ヘルツェゴヴィナは私の気分を悪くする」

「私はボスニアに住んではいない」との分離主義的な言葉です。

そして9月16日にセルビア首相のダチッチがスルプスカ共和国を訪問し、

セルビア本国とスルプスカ共和国との結びつきの重要性を強調しています。


今回はこんなところでしょうか。

それでは、Dobrou noc! Na shledanou!
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。