スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コソヴォについて責任を果たす」

anica1


Picka ti materina!

アーニツァだ。


動きが緩慢なので書くことを決めるのが難しかったんだが、とりあえずエントリにできるようなニュースが出てきたんで、短くなるが書いておく。

ダチッチがこんなことを言っている。

「EU入りはセルビアの戦略的ゴールだ」

しかし、次の日のニコリッチの言葉。

「コソヴォについて歴史的責任を果たす」

anica2


今まで、ニコリッチも上のダチッチのような発言が多かったが、

先のスレブレニツァやヴコヴァルについての発言などがあったので、私は腹の底を明かす記事を追っていた。

この記事で、ニコリッチは明白に「EU入りはトップチョイスだが、唯一の選択肢ではない」と言明している。

そして、コソヴォの独立承認がEU入りの条件となるならば「ロシアのほうを向く」。

コソヴォに関しては、「南チロルのように」。

コソヴォとのトップ会談については「どうやってあそこに行くんだ? 戦車でか? 前の大統領も行かなかった。」とその可能性を否定した。


ネットには出ていないが、今週の読売の朝刊に中露のギリシア浸透について良い記事が載っていた。

大まかに、ギリシアとセルビアはこれからロシアの影響力が強くなると思われる。

件のガスパイプライン、ロシアの南ストリームとナブッコはまだ競合しているようだが、

ナブッコのルートはトルコからブルガリア・ルーマニアに抜けるものでギリシアもセルビアも入っていない(要請があれば分岐はするだろうが今のところ)。

カスピでのアゼルバイジャンとトルクメニスタンの縄張り争い、グルジアの不安定化の恐れ、トルコ東部情勢などを考えるとナブッコがちゃんと稼動するのか不明だ。

しかも、例えば全開のすぴかのエントリで触れたようにクリントンが南コーカサスを訪問しているが、軍事プレゼンスがあてにならないのに(それは2008年で証明された)西側が南コーカサスを保持できるか疑問だ。


あ、最後にこんなニュースがあった。

ラシム・リャーイッチ入閣、彼のセルビア社会民主党連立参加

リャーイッチはウグリャニンと並ぶサンジャクのボシュニャク人の指導者だ。

詳しくはサンジャクのリストを見て欲しい。

以前のB92の報道でリャーイッチはタデイッチとの関係が深いとあったが(ウグリャニンはコシュトゥーニツァ)、

「私はプラグマティックになる」

とりあえずウグリャニンの動向が気になる。

今サンジャクで物議をかもしているジュコルリッチとの関係が深いとされているからだ(B92による)


それでは今日はここまでだ。

Laku noc i Do vidjenja!

スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。