スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウマロフ犯行声明(ドモジェドヴォ空港のテロ)

supika2

どうも、すぴかです。

私が出るということで、今回は久々の北コーカサス情勢です。

さて、これはちとすぐには判断できないニュースが入ってきました。

露空港テロで犯行声明 「カフカス首長国」のウマロフ容疑者

1月24日のロシア、ドモジェドヴォ空港の爆破事件の犯行声明です。

これについて腑に落ちない点が3つ。

・なぜ犯行声明までこれほど時間がかかったのか?
・最初にロシア当局が目をつけていたのは「ノガイ大隊」ではないのか?
・これは技術的な要因かもしれませんが、なぜカフカスセンターやアルカフカスのHPに犯行声明についての記事がないのか?

まず、最初に疑われたノガイ大隊について。

「ノガイ」というのは多民族国家であるロシアのダゲスタン共和国を構成する民族の一つ。2002年の国勢調査では全体の1.8%と占め、ダゲスタンの平野部に住む民族です。

ダゲスタンの過激派と聞いてまず頭に浮かんだのは1999年、チェチェンのバサーエフの「部隊」のダゲスタン侵攻に呼応して破壊活動を行った一派かとも思ったのですが違うようです。

北コーカサス諸共和国に囲まれるように北に位置するスタヴロポリ地方を含めて活動している組織です。


今回はウマロフが直接ビデオで声明を出していること、実行犯についても詳細に「報告」していること、その実行犯のDNAと犯行現場の遺体のそれが一致したとの報告があることから「コーカサス首長国」の犯行としていいと思います。

しかしすぐに犯行声明を出さなかったのは何故か。組織内部、あるいは組織同士のなんらかの意見の相違のようなものがあったのか。

通常は声明が出されればすぐに彼らの御用サイトのカフカスセンターに載るんですがそれがないというのも…(ちなみに英語版とロシア語版を確認しました。

ちと解明するのに時間が必要です。


ちなみに、ウマロフの「コーカサス首長国」と「ノガイ大隊」との関係について考察してみます。

私は直接調査したわけではないので断定はできないのですが、北コーカサスの過激派の諸派の今までの活動ぶりを見ると恐らくコーカサス首長国とは別組織、仮に繋がりがあっても傘下にいる程度だと思います。

チェチェン紛争の際にゲリラの各派は、最終目的は一つでそのための形式上のまとまりはあったにしても、ひとつの指揮系統の元に活動を行っていたわけではありませんでした。


まとめです。

今回の事件は、今までのいきさつを見れば「コーカサス首長国」の犯行と見ていいでしょう。

しかし、最初に当局が「ノガイ大隊」などと誤認したということはそれだけ当局でも特定が困難であるほど諸派が錯綜している状態になっていると言っていいのでは無いでしょうか。

「コーカサス首長国」は少なくとも名目上は特定の民族に依拠しないワッハービストです。

しかし、多民族でしかも氏族社会である北コーカサスでは、チェチェン紛争時にチェチェン国内でさえ様々な派閥があったように、民族、氏族等に依拠した様々な諸派が存在し、または生起し、または消滅し、複雑極まる状況になっている可能性があります。



…まとめのあとにまた書くのもどうかと思うのですが、上記の内容に関係ないことでは無いので少々書いておきます。

前のブログの2005年10月において北コーカサスのカバルダ・バルカル共和国の首都ナルチクにおいて、地元のイスラム過激派集団「ヤルムク」が内務省などの建物を襲撃した事件について書きました。

そのカバルダ・バルカル共和国でテロの発生回数が増えています。

2003年3月ヤルムクのリーダーにエミール・アブドゥッラー(アスケル・ジャップエフ)が就任してから、行動をテロにのみ絞り、頻繁に銃撃・爆弾テロ事件を起こしています。

もともとヤルムクは少数派のバルカル人(2002年の国勢調査で全体の11.6%)が設立した組織(最初の30名程度のメンバーはグルジア領内のチェチェンゲリラの「巣」であったパンキシ渓谷でチェチェンの「野戦司令官」の一人ゲラーエフより訓練を受けています)ですが、現在多数派のカバルダ人も多数参加し、これが民族対立の要因になるとは今のところ考えられません。

しかし活動は非常に活発化しており、北コーカサス全体を俯瞰してみると状況は悪化していると言っていいでしょう。



はい、今日はここまでです。お疲れ様でした。

次はアーニツァにバルカン情勢について語ってもらいます。
スポンサーサイト
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。