スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルビア、サンジャクの現況

BlLIURFCcAAGGMl.jpg


Доброго вечора!

教祖です。


今日はサンジャクからのニュースについてです。

セルビアのサンジャク地方は面倒な地域で説明が煩瑣になるので、サンジャクの基礎知識について説明した以前のツイートをお読み下さい。

前前任者のアーニツァさんとすぴかさんによる説明です。懐かしいですね!

http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-7.html

http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-43.html


今の状態は概ねこれらの時期から変わっていません。

最近のニュースでは、Facebookにてセルビア人からサンジャクを守る武装組織の人員を募るアカウントが作成され、セルビア当局に目をつけられる事態になりました。

http://www.balkaninsight.com/en/article/serbian-prosecution-to-investigate-army-of-sandzak

今の時点でサンジャクで物議を醸しているのは相変わらずムフティのムアメル・ジュコルリッチです。

記事によれば共産主義者によるボシュニャク人虐殺70周年にあわせてイスラムの色である緑の服を着せた若者達にパレードさせるなど、順調に緊張を高めています。

これは去年11月の記事ですがジュコルリッチがモンテネグロ側のサンジャクの都市プリエヴリャはサンジャク全体の首都であると発言するなど、面倒な地域にあって面倒な言動を繰り返しています。


しかし、まだサンジャク全体が危険であるとはいえないのは、ジュコルリッチはサンジャクのボシュニャク人を全て掌握しているわけではないからです。

ただここのボシュニャク人の政党である民主行動党(SDA)のイマモヴィッチ副党首がサンジャクは南チロル化すべきだと発言するなど、彼らの自治権獲得の意思は基本的に強いものがあります。

http://www.b92.net/info/vesti/index.php?yyyy=2014&mm=09&dd=24&nav_id=903283


さきほどご紹介した過去の説明エントリでも書いてあるように、そもそもベオグラードにいるサンジャクの政治的リーダーが二人つまりラシム・リャーイッチ副大統領兼外務・商務・通信大臣と民主行動党のリーダーであるスレイマン・ウグリャニン元無任所大臣(2014年4月まで)がいて、サンジャクは一枚岩ではありません。

それゆえサンジャクが一丸となって危険化する可能性は今のところ低いと思われますが、しかしバルカンのイスラム教徒のイスラム色が強くなっている昨今、目が離せない地域ではあります。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、До побачення!




スポンサーサイト

トルコ民族軍警察創設、サンジャクの話題

sabun.jpg


Dobry vecer!

エリシュカです。


まずは、一見どう反応していいかわからないニュース。

1月23日、アゼルバイジャンのバクーでトルコ民族諸国による合同軍警察創設へ

http://www.eurasianet.org/node/66471?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20130128_041145.html

トルコ以外はアゼルバイジャンとキルギスが参加。モンゴルとカザフスタンは参加を見送りました。

合理的な理由は思いつきません。

エネルギー輸送経路の護衛だとするならウズベキスタンとトルクメニスタンが入っていないとおかしい(打診はしたのかもしれませんが)。

合理的な理由はなく主観的な当為のみで突っ走るのはバルカン諸国でみられますが、トルコのこの動きもそうなのでしょうか。

これがトルコ民族主義の枠からはみ出てツラニズムの要素が見えてきてしまうのは、モンゴルにも参加を打診していることです。

カザフスタンなどはロシアとの軋轢を恐れて参加しなかった可能性があります。軋轢を起こしてまで参加する価値があるとは思えない。

というのもツラニズムには反露の意図が当初からあるからです。

ツラニズム(Turanism)は帝政ロシアの圧迫に苦しむオスマン朝と次々にロシアの支配に服するトルコ系諸民族を団結、解放する目的で発生したものであるからです。

その後ツラニズムの本拠地は、ツラン民族をトルコ系からウラル・アルタイ系に概念拡大することで、イスタンブールからハンガリーのブダペストに移りました。

戦間期、日本の一部の民族主義者も影響を受け、あくまでも民間レベルですが日本とハンガリーのツラニストとのあいだで日洪民族同盟のようなものが締結されています。

現在でもこの潮流はトルコやハンガリーに存在するようです。


さて、サンジャクからのニュースです。

セルビアのサンジャクのムフティの一人ムアメル・ジュコルリッチがモンテネグロ側のサンジャクの代表と協力協定を結び、また「モンテネグロはサンジャクを分離させるべきだ」と発言しました。

モンテネグロのジュカノヴィッチ大統領はこれについて強い不快感を表明したというものです。

http://www.b92.net/eng/news/region-article.php?yyyy=2013&mm=01&dd=29&nav_id=84401

これについてまだ危機感を抱くべき段階ではまだないと思われます。

セルビア側のサンジャクは一枚岩ではありません。

ジュコルリッチの言動が目立ちますが、彼にはライバルのジルキッチというイスラム指導者がいて彼らの派閥抗争が続いています。

ただ気になるのは、サンジャクの政治的リーダーと目されてきたリャーイッチやウグリャニンの影響力がジュコルリッチなどの宗教指導者の台頭で低下しているのか? という疑問が感じられます。

これについては、重要なことなので調査してみたいと思っています。


しかし、いわゆるシェール革命が欧州規模の地政学にどのような影響を与えるのか、私の研究にとってかなり重要なことなのに時間の都合で集中的に考えられないのが非常に歯がゆいところです。

南東欧へのロシアの影響力浸透の主要な手段はパイプラインです。

もしそれの重要性が低下するのならロシアの戦略も再検討を迫られるでしょうし、

また中央アジアやカフカスの重要性にも重要な影響を及ぼします。

人様の研究の結果待ちというのもつらいものがありますね。


それでは、Dobrou noc! Na shledanou!

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

久しぶりにサンジャク

anica1

Picka ti materina!

アーニツァだ。


今回はサンジャクについて手短に。

今日はサンジャクの二人の指導者の発言についてだ。

まずは「ムフティ」のジュコルリッチ、大統領候補として発言。

この中でジュコルリッチはサンジャクのボシュニャク人だけでなくセルビア国内のアルバニア人やヴォイヴォディナのマイノリティーたちの権利をも、当選した暁には保護すると述べている。

さらに、彼は現与党の民主党(DS)と右派のセルビア進歩党(SNS)のどちらも支持しないと言明している。


そしてもう一つ。

サンジャクのボシュニャク人民族会議の議長エサド・ジュジェヴィッチ、大統領選のボイコット呼びかけ。

ジュジェヴィッチはジュコルリッチに大統領選から撤退するよう呼びかけている。


どのみちサンジャクは一枚岩ではないと言うことだ。

ジュコルリッチはこの発言を読むとやるき満々であり、ジュジェヴィッチの呼びかけなど意に介さんだろう。

さらにボシュニャク人のイスラム指導者としてはジュコルリッチに対立するジルキッチがいる。

サンジャクがまとまって反ベオグラードに動き出したら、コソヴォに隣接すること、モンテネグロ側にもサンジャクが存在する(サンジャクはセルビアとモンテネグロで折半されている)ことを考えると危険だが、その心配は今のところする必要はないかと思われる。


あと一つ。

ヴォイヴォディナの農民の騒動は今でも私は深刻な安全保障上の問題にはならないと思っているが、ダチッチ内相が次のような発言をした。

「ヴォイヴォディナは共和国には決してならない」

これは農民の騒ぎを直接に意識したものとはちと考えにくいのだが。

何度もいうとおり、ヴォイヴォディナ自治州は多数のマイノリティー(某研究所の所長によれば23の民族)がおり、ハンガリー人が多いといっても突出しているわけではない。


とまあ、今回はあまりきなくさいニュースはないのだが、一つだけ。

ボスニアのスルプスカ共和国のドディク大統領。

「我々はボスニアが分裂した時に備えている」

ドディクは、ボスニアの分裂は近い将来ではないとしながらも、安定していない国家と指摘している。


それでは今日はこのへんだ。

Laku noc i Do vidjenja!


黒海北岸、コーカサス、中央アジアについて http://belaoluja.blog.fc2.com/

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

サンジャクの自治要求

anica1

Picka ti materina!

アーニツァだ。


今回は、コソヴォ同様セルビア国内において不安定の核の一つになっているサンジャク情勢だ。

サンジャクについて、またどのような状況になっているかについては前のエントリを見て欲しい。

まあ簡単に言うと、サンジャクとはセルビアとモンテネグロに折半されている帯状の地域で、

コソヴォ北部とボスニア東部に挟まれる。

住民はボシュニャク人(彼らがどこから来たかは説明すると複雑なので省略するが、彼らはボスニアのボシュニャク人に対し共感を持っており、こう自称している。)が多い。


702px-Sandzak01.jpg
出典:WIKIPEDIA

前回、この地域でボシュニャク人が二つ(ジュコルリッチ派とジルキッチ派)に別れ、暴力事件が起きていることをお伝えした。

そうした暴力事件はその後も続いた(2008年)が、

事態はジュコルリッチによるサンジャクの自治権要求にまで発展した。


繰り返すが、サンジャクには二人の政治的リーダー、スレイマン・ウグリャニンとラシム・リャーイッチがいる。

もともとサンジャクの政治的リーダーはウグリャニンだったのだが、彼の急進的思想に反発してリャーイッチが反対勢力となった。

政治的つながりは、

ウグリャニン - ジルキッチ と、

リャイーッチ - ジュコルリッチ となる。

ウグリャニンはミロシェヴィッチ体制崩壊後サンジャクに戻り、中心都市ノヴィ・パザールの市長となっていたが、

2008年より現在までセルビア政府の無任所大臣となっている。

一方のリャーイッチは、ミロシェヴィッチ体制崩壊後からずっと内閣のメンバーになっている。


当然のことながら、彼ら二人は入閣後も対立していた。


だが2009年1月24日、この二人はサンジャクの情勢悪化を受け、タディッチ大統領の仲だちで和解の誓約書にサインをした。


こうした中で、サンジャクのボシュニャク人の諸グループが対立しながらも、ジュコルリッチのサンジャク自治要求は先鋭化していく。


現在ウグリャニンもリャーイッチも事態の沈静化に努めているが、現在どこまで影響力が残っているのかは不明だ。


anica2


私の考えでは、サンジャク全体が一つにまとまって自治権獲得に突っ走る可能性は低い。

ボシュニャク人同志の対立が根深い上に、サンジャクの東部ではセルビア人の人口のほうが多く、地域全体のコンセンサスは得がたい。

しかし、問題はサンジャクの地域内での混乱が深化することだ。

ジュコルリッチは未だ先鋭的なスタンスを崩していない。

そして、問題なのは、この地域がコソヴォ北部と隣接していることだ。

ここのボシュニャク人とコソヴォのアルバニア人が連携しているわけではないが、将来そういうこともある可能性があるし、またそうならなくともサンジャクとコソヴォで危機・混乱が並行して進んだら、事態の収拾は困難になるだろう。


それでは今日はここまでだ。

次回はコソヴォだ。

Laku noc i Do vidjenja!


花咲くいろは 松前緒花つままれキーホルダー花咲くいろは 松前緒花つままれキーホルダー
(2011/10/30)
コスパ

商品詳細を見る



Rewrite 缶バッジ E 此花ルチアRewrite 缶バッジ E 此花ルチア
(2011/07/29)
トイズ・プランニング

商品詳細を見る

サンジャク問題概観

anica1

Picka ti materina! アーニツァだ。
このサンジャクの記事は簡単なものだが、理解の助けになると思うので載せておく。
2008年2月にこれもすぴかが書いたものだ。

supika1


どうもすぴかです。

今回は久しぶりにロシアの動向について書こうと思ったのですが、コソヴァ関係の情報が多いこと、ならびに、これは少々赤面モノなのですが、サンジャクが結構ヤバいことになっていることに今更気付きまして、このことについてまず最初に書いてみたいと思いました。

まず、サンジャクですが、セルビアとモンテネグロにまたがり、コソヴァとボスニアのイスラム教徒(ボシュニャク人)地域をつなぐ回廊地帯。住民は大多数がボシュニャク人。モンテネグロの独立により二つに完全に分割されました。中心都市はノヴィ・パザール。




ここはミロシェヴィッチ登場後から騒ぎだした地域で、指導者のスレイマン・ウグリャニンをリーダーとする(民主行動党、ボスニアのボシュニャク人の政党と同じ)反セルビア運動によりミロシェヴィッチ政権により弾圧されていました。

ミロシェヴィッチ政権崩壊後、国外逃亡していたウグリャニンに代わってサンジャクのリーダーになっていたラシム・リャーイッチ、ウグリャニンの分離主義的な過激な主張や、ボスニアのボシュニャク人の戦争への支持、ワッハービストとの繋がりを嫌って袂を分かっていたのですが、そのリャーイッチが少数民族問題担当大臣に就任します。

まことに迂闊ながら、私はウグリャニンが現在ノヴィ・パザールの市長になっていることを知りませんでした。

そうした状況下で、サンジャクのボシュニャク人は二つに分裂しているようです。

一つはセルビアイスラム共同体の指導者アデム・ジルキッチの一派、

もう一つは前指導者のムアメル・ジュコルリッチの一派です。

この二派は去年11月16日に衝突し、4人が負傷しました。
http://www.b92.net/eng/news/politics-article.php?yyyy=2007&mm=11&dd=16&nav_id=45457

ちなみにジルキッチはウグリャニン派、ジュコルリッチはリャーイッチ(現在セルビア政府の労働厚生大臣)派です。
http://xs4.b92.net/eng/news/in_focus.php?id=119&start=0&nav_id=45541

さらにちなみに、リャーイッチは大統領のタディッチに、ウグリャニンは首相のコシュトゥーニツァにそれぞれ近い。

このサンジャクでの同じイスラム教徒同士の対立について、ウグリャニンは「セルビアにも巣食う国際的な反イスラム勢力の陰謀」によるものだとしています。
http://xs4.b92.net/eng/news/in_focus.php?id=119&start=0&nav_id=46561

上記のように、ウグリャニンはワッハービストとの関係を指摘されています。ちなみに、去年はセルビアでワッハービストの摘発が行われました。
http://xs4.b92.net/eng/news/crimes-article.php?mm=3&dd=18&yyyy=2007
http://xs4.b92.net/eng/news/crimes-article.php?yyyy=2007&mm=09&dd=14&nav_id=43756
http://xs4.b92.net/eng/news/crimes-article.php?yyyy=2007&mm=09&dd=14&nav_id=43756
http://xs4.b92.net/eng/news/in_focus.php?id=119&start=0&nav_id=45797


このコソヴォに隣接している地域におけるイスラム教徒同士の対立(一方はワッハービストと近い)がコソヴァにどのような影響があるのか、注意してみる必要があるようです。



プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。