スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルドアン大統領の「民族統一主義」とそのバルカンへの影響

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。

今回はトルコのエルドアン大統領の「民族統一主義」とそのバルカンへの影響について「前編」です。

なぜ「前編」なのかというと、エルドアンの「民族統一主義」について見ていくとはっきりと輪郭を捉え辛い部分があり、まだ考察を要するからです。

この件は、先月10月16日にエルドアンがトルコのジョージアとの国境に近い町リゼのレジェプ・タイイプ・エルドアン大学の始業式において行われたエルドアンの演説が報道されたことにより、トルコの周辺国とトルコの対外政策に関心のある人たちの強い関心を呼びました。

https://www.tccb.gov.tr/en/news/542/53641/pyd-ve-ypg-teror-orgutleri-pkknin-atigidir.html

このトルコ大統領府の公式HPに掲載された演説内容は、「トルコは常に虐げられた人々、犠牲者たちを腕を開いて抱擁し、同族を孤立させはしなかった。… 我々の物理的な国境は我々の心の国境とは異なる。」という、バルカン諸国その他で拡張主義を鼓舞する際によく聞かされた民族統一主義(irredentism)、「失われた領土を取り戻せ」のレトリックそのままのものです。

具体的な地名・地域について言及されるのは「我々はバトゥーミ(ジョージア領)からリゼを、セサロニキ(ギリシア領)とカルジャリ(ブルガリア領)からエディルネ(トルコ領)を切り離せるのか?… 君たちはトラキアから東欧まで広がる地理のどこでも我々の祖先の跡を明瞭に見つけることができる」の部分などです。

この文言には中東方面の地名も出てきます(省略しました)。上記の地域も含めて、これらは1920年のアンカラでのトルコ大国民会議で決議されたナショナルパクトに基づくものとの見方がなされています。この6つの決定の中の領土に関するものでバトゥーミと西トラキアの帰属は住民投票でなされるとされています。

この点について、ギリシアの報道機関がエルドアンが西トラキアの住民投票を「今呼びかけた」と報道して話題になりましたが、すぐ誤報であるとの訂正がなされました。
http://www.ekathimerini.com/212931/article/ekathimerini/news/erdogans-talk-of-kinsmen-in-thrace-raises-concerns-in-greece

この「構想」に基づく地図(公式ではない)が形を変えていくつか出回っているようですが、その一つはこの記事の中で見ることができます。
http://foreignpolicy.com/2016/10/23/turkeys-religious-nationalists-want-ottoman-borders-iraq-erdogan/

この演説の件でジョージアはトルコ大使に質問し、ギリシアは、エルドアンがエーゲ海東部のギリシア領の島々は昔はトルコ領だと言ったこともありローザンヌ条約を守れと釘を刺しています。

さて、このエルドアンの「構想」ですが、どこまで本気なのでしょうか。本気だとしてそれは実現可能なものでしょうか。

まずこの演説はモスール攻撃を念頭に置いたものであり、攻撃を正当化するためにナショナルパクトを持ちだし、その精神について説明する過程でジョージアやバルカン半島にも言及したという見方もできます。しかしエルドアンは以前からこのような言動を行っており、彼の「あるべきトルコ」の理念はこれに近いものなのかもしれません。

ただ、可能かどうかという点になると、ジョージアやバルカンで軍事行動を起こすには中東方面での軍事行動をまず片付ける必要がありますがこれはそう簡単には終わらないであろうこと、バルカンの隣人がNATO加盟国である以上トルコ(トルコも加盟国ですが)がこの方面でそのような行動を起こす場合NATOが対応するであろうこと、またロシアも黒海からエーゲ海までが戦闘地域になることを望まないであろうことを考えると、かなり難しいと思われます。

特に親露国ギリシアはロシアにとって重要であり、またトルコのそのような行動にはセルビアが強く反発するであろうことを考えると、ロシアはトルコに対し強い態度で臨む可能性があります。ロシアとの和解にかけた熱意を考えるとトルコにとってロシアの意向は無視できないものとなるでしょう。

またエルドアンが行っている粛清のせいで軍が弱体化する危険性も指摘されています。
http://foreignpolicy.com/2016/10/27/turkey-ongoing-military-purge-drives-erdogan-regional-ambitions-mosul/

となると、最後に残る不安定な未来のシナリオは、トルコがこうした国策を追及し西側の手におえなくなった場合です。トルコが西側と完全に手切れした場合バルカン半島にどのような影響があるでしょうか。

その前に、まずエルドアンがバルカン半島のムスリムをどう位置付けているかを考えてみましょう。まずトルコ系住民は、上記のように「心の国境」の中に含まれます。それでは非トルコ系のムスリム諸民族はどうでしょうか。

くだんの演説では、「トルコは西トラキア(ギリシア領)、キプロス、クリミアその他の同族を無視することはできない。我々はリビア、エジプト、ボスニア、アフガニスタンがかかえる問題を放置することはできない。」とあります。前者はトルコ系住民居住区、後段は過去トルコ系王朝の支配下にあった地域とわかれており、ボスニアは後者に入っています。これだけを見ると、トルコがリビアからアフガニスタンまで影響力を行使することは不可能であり、ボスニアがそこに入っていることを考えると、ボスニアのボシュニャク人については考慮の対象に入っていないように思われます。

しかし、エルドアンがトルコの町ブルサで行ったもう一つの演説があります。
http://trud.bg/%D0%B5%D1%80%D0%B4%D0%BE%D0%B3%D0%B0%D0%BD-%D0%BD%D0%B5-%D0%BC%D0%B8%D1%81%D0%BB%D0%B8%D0%BC-%D0%B7%D0%B0-%D0%BA%D1%8A%D1%80%D0%B4%D0%B6%D0%B0%D0%BB%D0%B8-%D0%B8-%D1%81%D0%BA%D0%BE%D0%BF%D0%B8%D0%B5/(ブルガリア語)

ここでは「カルジャリ(ブルガリア領)、スコピエ(マケドニアの首都)についてエディルネ(トルコ領)とは違うやりかたで考えることはできない。それらは我々の魂の一部だ」と強い口調で述べています。さらに「トルコとシリア、イラク、ボスニアとの結びつきはどのようなものか」と述べたり、別の個所ではボスニアをリビアと一つの文章の中で言及するなど、線引きするのがかなり難しいことがわかります。

このようにエルドアンの「あるべきトルコ領土」のヴィジョンについてはおし測りがたいものがあります。

それでは、後編では、仮にエルドアンの構想がバルカンの非トルコ系ムスリム諸民族を含むものだとして、それにどのような影響を及ぼし得るかについて考えてみたいと思います。

モンテネグロの事件の操作が進展していることもあり、後編は次の投稿にはならなこともありますのでご理解ください。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 https://www.facebook.com/balkanrisk/ http://seeuro.com/?page_id=8
スポンサーサイト

トルコとバルカン関係、今後

fdarqq.png

Bună seara.
ミルチャです。


今回はトルコとバルカンのトルコの今後について考えてみたいと思います。

欧州がトルコを手駒として使いきれなくなる(それ以上に刃向われる危険も出てくるのかもしれませんが)と実質上南東方面の防衛ラインをバルカン半島にまで後退させる可能性もあるでしょうか。しかしギリシアも東向きのポリシーがありますし真に使えるのはブルガリアとルーマニアでしょうか。しかし背後にセルビア(とボスニアのスルプスカ共和国)があります。

安全保障面でギリシアの欧州にとっての信頼度について正確にいうのは難しいものがあります。そもそもトルコ自体が欧州の安全保障面での懸念材料になると、いくら東寄りのポリシーとっているギリシアでもさすがに従前からのトルコとの対立感情から完全に「向こう側」にはならないと思われます。マクロで大きな変化があってもミクロの希土関係のほうがギリシアの対外政策への影響は強いでしょう。

それはバルカン半島全体も同じで、バルカン半島ふくむ黒海沿岸・欧州・中東にかけての国際関係のマクロな部分に大きな変化があっても、観察する上でミクロな(バルカン半島内国際関係)部分を中心から外さず考察しなければなりません。

ブルガリアの例でも、事が切迫すればマケドニア問題を優先して外交政策を行うものと思われます。この記事のようにブルガリアは立場的に難しいものがあります。難民問題から、そして記事にはありませんがマケドニア問題におけるトルコの支援の必要性からトルコとは友好状態を維持せざるを得ませんが、こうした事態が差し迫らない限り欧州の安全保障体制からは抜けることはないでしょう。しかしいざ事態が切迫すれば、ということです。
http://www.balkaninsight.com/en/article/bulgaria-pays-the-price-for-friendship-with-turkey-08-22-2016

欧州は対トルコ外交では主導権を握りがたくなったと思われますし、トルコが欧州に遠慮なくバルカンいじりを始める可能性について検討した方がいいでしょうか。トルコが中東につっこんでいる間はバルカンで危険な行動にはでないとは思いますが。

ただ今のところバルカンのムスリム(ボシュニャク人、アルバニア人)と事実上の対立関係のあるのはセルビア人なので、仮にトルコがそういったムスリムを足がかりにバルカンをいじろうしても露土関係の良好化がいい具合に作用することが期待できるかもしれません。今のところトルコは宗教面でバルカンで問題は起こしてはいないしセルビアとの関係も政治・経済的には良好です。

今までのところトルコは宗教に関係なく、ギリシアを除いてバルカン諸国と良好な関係を維持していますが、欧州に対し遠慮する必要がないと判断した場合にどう動くことになるかの読みは難しいものがあります。合理的見地からは現状維持が得策でしょうが、エルドアン政権にとって「あるべき」バルカンとはどのようなものなのでしょうか。

今後のバルカンのムスリムとセルビア人に対する露土の扱いについては露土のクリミアタタールに対する今後の扱い&両国間政治がある程度参考になるかと思います。

ちなみに、このところイスラム教徒のボシュニャク人に動きがあるのと(ボスニア大統領のバキル・イゼトベゴヴィッチがセルビアのサンジャク地方の中心地ノヴィ・パザールでボシュニャク人の政党民主行動党(SDA)のバルカン大会を行いました)、http://www.balkaninsight.com/en/article/bosniaks-seek-regional-unity-in-sandzak-07-29-2016 バルカンのムスリムのトルコへのシンパシーが高まっている印象です。


あと前の記事関連なのですが、ヴォイスラヴ・シェシェリがクロアチアを訪問する予定の様です。

クロアチア政府は、来たら逮捕するとの姿勢です。
http://www.balkaninsight.com/en/article/seselj-will-be-arrested-if-enters-croatia-oreskovic-said-08-24-2016?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+TheBalkansLatestHeadlines+%28The+Balkans%3A+Latest+Headlines%29

今後の展開が注目されます。

今回はこんなところでしょうか。

Noapte bună. La revedere. 

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

トルコのバルカン進出

anica2


Picka ti materina!

アーニツァだ。


ようやくセルビア内閣が組閣されたようだ。

新内閣、組閣

今回私が興味があったのがサンジャクのボシュニャク人指導者の二人、

ラシム・リャーイッチとスレイマン・ウグリャニンの二人だ。

二人については「サンジャク」の過去エントリを見て欲しい。

この二人が入ったのは無難だったと思う。

リャーイッチは副首相職と、これどう訳せばいいんだ?w foreign and domestic trade, telecommunications and information society minister.

そしてバランスをとるためにウグリャニンも入閣、そしてまた同じ無任所大臣。

リャーイッチはミロシェヴィッチ退任後ずっと入閣していて経験豊富であり、ウグリャニンは帰国後ノヴィパザールの市長だったことを考えれば仕方のないことだと思う。

なぜこの二人のバランスが必要かというと、前のエントリでも書いたように地元サンジャクで派閥抗争があるからだ。

話題のムフティ・ムアメル・ジュコルリッチはウグリャニン派だ。


さて、ここでセルビア人としての私にはちと引っかかるニュースだ。

先年末から今年にかけて、トルコによるバルカン半島のイスラム教徒への歩み寄りが顕著になっている。

アルバニア、トルコとの同盟を求める

汚職追放・安定化が進まないとEUがうるさいと感じたアルバニアがトルコを向いたようだが、昨今のEUの惨状を見てのことだろう。

コソヴォ、トルコの強力な支援を勘定に入れる

同様の記事だ。かなりトルコが文化面でもコソヴォに浸透している。

また、サンジャク問題についても関心を持っている。

ボスニアの、ボスニア連邦とスルプスカ共和国を縦断する道路の投資の話は前のエントリでしたはずだ。


これらに対しセルビア人は警戒しているはずだ。

リンクをなくしたが、スルプスカ共和国のドディク大統領が懸念を表明しているニュースがあった。

考えてみて欲しい。

セルビア人のアイデンティティは「イスラムからの攻撃に対する欧州の盾」であり、コソヴォの戦いもその文脈で意味があるのだ。


セルビア、そしてギリシアにはロシアの影響力が浸透している。

過去三回マケドニアをめぐって両国と戦ったブルガリアは、現在トルコとの関係は良好だ。

トルコのエルドアン首相とブルガリアのボリソフ首相が会談し、ブルガリアは共産主義時代のトルコ系住民への弾圧を糾弾すること、アルメニア虐殺に対する非難決議は行わないことを約束した。

トルコとマケドニアの関係は良好だし、

ギリシアとマケドニア、アルバニアとの関係を考えると、バルカン半島はロシア影響下にある国とトルコ影響下にある国・地域に分かれているように見える。

これが何を意味するのか、トルコ・ロシア関係を分析・観察することが必要になる。

これについてはまたあとで語ろう。


しかしこのトルコの「新オスマン主義」の動機は何だろう?

旧オスマン帝国領は今や紛争だらけだし、

こうしたところに投資しても投資した分帰ってくると思っているのだろうか?

しかし、紛争まみれだからこそ、安定化というものが重要になってくるというのであれば頷けるが。


それでは、今回はこんなところだ。

Laku noc i Do vidjenja!

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。