スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスピ海の対立

supika1


お久しぶりです。すぴかです。

やはり戻ってくることになりました^^

やはり今の管理人の環境ではブログ二つ稼動させるのは無理です。

南東欧に「東欧」のイメージが強い方にはコーカサスや中央アジアのニュースが入るのはとまどうかもしれませんが、もともとこのブログはコーカサスのニュースが主体でした。

中央アジアが新たに加わったのは、コーカサスの地政学的重要性は中央アジアのそれの副産物のようなものだからです。

正直手を出すには広すぎるかなと思ったのですが、実のところ私は中高生時代に中央アジアの騎馬民族の歴史を先行しようと思い個人で勉強してたこともあり、地理にも歴史にもはじめて接するわけではないのでなんとか人様にご説明できる程度になりました。

さらに、今後不安定地域が世界的に拡散する時代になると思われる中、中東にも南アジアにもかかわりのある中央アジアをやることに意義を見出したの言うのもあります。


それにともない、今まで故意に避けてきた南コーカサスのアルメニアやアゼルバイジャンについても書いていこうと思います。

ここに触れると中東にまで手を出さないといけなくなるからなのでしたが、今後中東情勢を無視するわけにもいかなくなり、また中央アジアをやるばあいどうしてもアゼルバイジャンあたりは触れざるを得ません。

まだまだ試行錯誤ですが、これからもよろしくです。


さて、今回はウォーミングアップとして簡単にカスピ海上におけるアゼルバイジャンとトルクメニスタンの対立についてです。

「カスピ海における冷戦の「熱戦」化」

まずお断りしておきたいのは、カスピ海の、特に資源をめぐる争いは複雑です。

ごくごく簡単にあらましを言うと、

冷戦後、この地域において影響力を手放したくないロシアがカスピの共同管理を、その他の沿岸国(トルクメニスタンを除く)は厳密な分割を主張し対立してきました。

その後、1997年にアゼルバイジャンがカスピ海低のキヤパス鉱床をロシアのルクオイルと共同で開発しようとしたとき、トルクメニスタンがキヤパス(トルクメン側呼称「セルダル」)領有を主張し抗議してきたのです。

このとき以来キヤパスの領有権をめぐって両国の間で対立が続き、現ベルディムハメドフ政権になって緊張緩和の期待がかけられたものの、ここ最近キヤパス周辺で両国の警備艇によるいざこざ(武力衝突にまでは至っていない)が起きています。


この件自体は両国の縄張り争いであり、地政学的背景はないと思います。

西側への資源輸送の関門であるアゼルバイジャンにしてみれば、トルクメニスタンが仮に大規模な鉱床を得ようと自身の地政学的重要性(西側にとっても)は変わりません。

例えばカザフスタンの石油(カシャガン)はアゼルバイジャンからグルジアをへてトルコに伸びるBTCパイプラインルートを通って輸送されています。

中央アジアの資源をロシアやイランの影響下にないルートをとるには、ロシアとイランの間の沿岸線を占めるアゼルバイジャンを抜けるしかないのです。

この地政学的環境が変わらない限りアゼルバイジャンがそうした心配をする理由がない。


ただし、周辺諸国の地政戦略がこの問題を複雑にしています。

ロシアは当然非ロシアルートを潰したい(ロシアはキヤパスについて前述のように当初アゼルバイジャン側でしたがのちにトルクメニスタンの肩を持つようになっています)。

さらに、もともと関係の良くないイランとアゼルバイジャンですが(例えばこの記事)、イスラエルがイランとの対抗上アゼルバイジャンに接近しており、イランにとってはアゼルバイジャンが悩ましい。

最近米国のクリントン国務長官が南コーカサス諸国を歴訪したのはこの地政学的状況についての米国の立場を表現したものであると言えるでしょう。

こうした状況下で、トルクメニスタンのカスピ海上戦力は増強されています。


ロシアが南東欧向けに黒海海底を通して天然ガスを輸送する「南ストリーム」構想に対抗するものとして、BTCと同じルートを通りその後ブルガリアから中欧まで通る「ナブッコ」構想がありますが、そのためにトルクメニスタンからの輸送路であるトランスカスピパイプラインの建設が必要とする意見もあり、西側にとってこの件は難しいところです。

中央アジア情勢は、ウズベキスタンがCSTOを脱退するという最近のニュースもあり、目が離せなくなっています。


それでは、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。