スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東情勢悪化の東欧への影響

supika.jpg

すぴかです。
油断していたら今日もまた暑さがぶり返して体の腐敗具合が…

さて気をを取り直して本題です。


中東情勢が悪化していますが、今回はこの件と絡めて露の地政戦略と東欧への影響について考えてみたいと思います。

何を争点にして争ってるのかわかりづらい今の西側と露の火花散らしを理解するには、冷戦終結からウクライナ戦争勃発までの西側・露関係を簡単にでも通して見る必要があります。ただ理解したとしても今の争点がはっきりしないのは変わらないので何をどうすれば事態が収拾するのか見えてきません。

2008年のジョージア戦争も2013年のウクライナ戦争も西側の地政学的攻勢に対する露のリアクションです。つまり露をその国境にまで封じ込めるのが西側の目標であり、それが今の「新冷戦」の原因(戦争目的)になっているのですから、露が完全に弱体化されて国境の中に封じ込められるまで「新冷戦」は終わらないということに論理的にはなります。ただそれは不可能であるとしか思えないので、今の状態が延々と続く中でウクライナやシリアのような泥沼があちこち口を開けていくことになると思います。 

事実上、この「新冷戦」には落としどころがないも同然です。

露が西側に対し敵対的でなかったころから西側は露に対し地政学的攻勢をかけているわけですし、露にしてみれば今和解してウクライナ戦争前の状態に戻ったとしても意味がないと思えるわけです。

私のツイッターアカウントのTLにいる露を非難中の欧米人さんたちは一体どのような状態になったら「新冷戦」が収束したと宣言するのでしょうか。露が国境の中に押し込まれて周囲にソフトパワーすら行使できない状態になったら、でしょうか。

こう考えると露が中東に突っ込んだのは賢い選択だったかと思われます。旧ソ連圏で泥沼になって一方的に血を少しずつ抜かれてる状態だったのが一気に西側を困難な状況に追い込んだ観です。

やはり露にはそういう認識があったのかもしれません。中東に突っ込むまではNATOの壁の外で巨大なヒルどもに体に吸い付かれて吸血されもがいてるだけの状態だったですし、それを認識したからこその中東かきまわしでしょうか。 

西側諸国を直接消耗させる瀉血の地政戦略は使えないにしても、露は別の場所で西側を地政学的に困難な立場に追い込んで疲弊させることはできるでしょう。

それらの成果が大きければわざわざバルト海やバルカン半島で冒険に出るモチベーションは低下する思います。

露の地政学思想に影響を与えているといわれるドゥーギンの思い描く世界地図を考えるとこの地域に対する危険は消えていないとも思われるのですが、今の露の国力では中東含むユーラシア方面に努力を集中していれば、欧州方面に相当のパワーを割ける可能性は無くなります。

ただ、以前から書いているように地政戦略的防勢のために東欧地域で遅滞行動を行う可能性はまだ消えてはいないと思います。まだまだ注視が必要です。

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。https://www.facebook.com/balkanrisk/
スポンサーサイト

西側の南東欧地域の管理についての評価

supika.jpg

お久しぶりです! すぴかです。

このところ大分涼しくなって体の腐敗もひと段落していたので油断していたのですが、先日の夏の戻りで少々大変なことになっていました(笑)


今回は南東欧地域を大局的な観点で、具体的には西側の南東欧地域の管理について私なりの評価を行いたいと思います。

今回はまずこの記事について。
https://www.washingtonpost.com/news/monkey-cage/wp/2016/09/19/heres-how-russias-trying-to-sway-opinion-in-serbia-and-the-balkans/?postshare=5131474475459613&tid=ss_tw
ロシアの影響力のバルカンへの浸透についての記事。ここでは露のバルカンへの浸透の努力を行っている理由として、ボスポラス海峡を手中にすること、従前からある汎スラヴ主義を上げています。

話は前後しますが、現在NATOが対露安全保障でもっとも力を傾注しているのはバルト地域です。

この記事はエストニアにおける露の情報戦について。
http://www.jamestown.org/single/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=45780&tx_ttnews%5BbackPid%5D=7&cHash=9364caa1acbd17bb7bad9966915e6621#.V-lVX-T_rIW
この記事はエストニア国内の露系に対しエストニア当局に対する不信感を醸成する例をとりあげています。このサイトによるプロパガンダについて。http://www.rubaltic.ru/

露がバルト方面に本気で進出する気がなくユーラシア方面を正面としているとしても、NATO加盟国内で厄介な民族紛争を起こして露系弾圧を「糾弾」しモラル的に優位に立とう(少なくともウクライナ侵攻で受けた侵略者の汚名を相殺)とすることは十分考えられます。 

さらに露がそうした行動を行ってバルト諸国がNATOに5条対応(集団防衛行動発動)を求めた場合、NATO加盟国内で不協和音があるならばそれを侵略と認める過程が長引くことも予想されます。NATOは公式にはハイブリッド戦争を侵略と認定すると言っているもののこうした事態は判断が難しい故。 

さらに、ここで深刻な民族紛争起こせば、ユーラシア方面が正面だとしても後方の安全確保のための遅滞戦術として有効でしょう。

しかし、だからといって露のバルカンに対する脅威は小さいとは言えません。NATOはバルカン地域を楽観しすぎていると思います。NATOのバルカン内陸部・西部における守りは脆弱と言っていいでしょう。

先程書いたようにバルト地域も懸念されるとはいえNATOはバルカンにおいては従前からの安定化活動を継続している以外はせいぜいブルガリア・ルーマニアを黒海での活動のための基地として認識しているだけとしか思えません。
 
まあ先の露のバルカンへの影響力浸透の記事ではルーマニアがあの重要な地政学的位置にあるのに反汎スラヴ主義であること、ブルガリアのマケドニア問題における姿勢についての言及がありませんが、露の目的の一つであるボスポラスの奪取についてはギリシアが親露、トルコも対露宥和姿勢でという現況では一笑に付せません。

先日、ヴチッチ・セルビア首相は国連総会で「セルビアはバルカンの安定の柱である」と演説しました。地政学的な意味に加えセルビアの中立政策、さらにクロアチアなど歴史的に不仲な国とも関係悪化しこそすれ危険なほど事態をエスカレートさせない点についても今の政権は評価できます。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=09&dd=23&nav_id=99295
また、事務総長含むNATOのトップとの会談でヴチッチ首相は「ロシアのバルカンへの影響についても語ったが我々には我々の問題がある」。
http://www.b92.net/eng/news/politics.php?yyyy=2016&mm=09&dd=22&nav_id=99285

バルカンに現時点で存在する諸問題に真剣に取り組むだけでも露の影響力強化を抑えることができます。西側はこの点について真剣に考えるべきだと思います。

しかし西側がこのバルカン安定のために重要なセルビアを完全に取り込むことは不可能な状況となっています。

内部事情の話は置いておくとして地政学的にはセルビアを置いて先にクロアチアとアルバニアをNATO加盟させてしまったのはまずかったというのが私見です。1999年の空爆、コソヴォの事実上の喪失に対する一方的な被害者意識からのセルビア人の反NATO感情について深刻に受け止めていたとは思えないし、それが中長期的にセルビアの対西側政策にどのような影響を及ぼすかについて考えるべきだったでしょう。今のセルビアはスルプスカ共和国もふくめてNATOに包囲される形になっており(モンテネグロが入れば完成)、第二次大戦当時の状況をセルビア人に思いださせるような格好になっています。

西欧諸国の防衛担当者の腹の中で考える南東方面の防衛ラインとNATOの領域とは今一致しているのか、一致していないのならばそれはどのあたりなのでしょうか。

これはあくまでも私見ですが、NATOがこの地域に対する露の浸透に対して鈍感と言えるほどリアクションがないのは、もうNATOはバルカン放棄を考え始めている証左ではあるかもしれない。自分はわりと本気でこれを考えています。もちろんバルカンを失えばNATO主要国のすぐ近くにまた厄介な紛争地帯ができるのみならず黒海・コーカサス・中央アジアへのアクセスを完全に失うことになりますが、パワーがないのではどうにもなりません。 

露のバルカン進出にも課題はあります。マケドニアはブルガリアの失われた領土だとするブルガリア、マケドニア人はギリシア古来の領土マケドニアの場所ふさぎをしているけしからんスラヴ人とするギリシア、ブルガリアとギリシアに反発するマケドニア、ロシアはこの三者を親露国として取り込むならこれを抑え込む影響力を持たなければならないでしょう。これは今後の東西の力関係の動向次第だと思います。

今日はこんなところでしょうか。

では、また。

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。https://www.facebook.com/balkanrisk/

バルカンでの武力紛争はNATOの求心力を毀損しうるか?

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。

前の投稿よりだいぶ間が空いてしまいましたが、それは以下のことをずっと考えていたからです。


これはあくまでもまだ思考中の件なのですが、今現在考えがまとまっていることを書いてみたいと思います。

NATO加盟国・非加盟国が同居するバルカン半島で深刻な武力紛争(複数)が起きた場合それはNATOの求心力を毀損する可能性はあるか。

バルカンで加盟国を巻き込んだ紛争が起きてもトルコ方式(と私が)、つまり国境が危なくなっても抑止的配備以上のことはしない、武力紛争が加盟国の国境に及んでも拒止以上のことはしない、国境外での紛争は5条対応の適応外(実際そうなのですが)ということで外交努力に終始するとか、その程度の施策しかしない可能性が大ですが、それでもNATOの求心力は保てるでしょうか。

東欧北部・バルト三国は対露政策以外では失望しないでしょう。

西欧のNATO主要国にとって東欧諸国の加盟は自国の安全のためだし自国の安全保障が保てればいい、東欧北部・バルト三国は対露でNATOが日和らなければいい、クロアチアなどバルカンの加盟国は不服でもNATOに残留した方が抜けるよりも有利でしょう。NATO軍に国境防衛を支援してもらうこと自体もそうですが武力紛争解決のためにコミットし続けてくれる保障にもなります(この場合EUのソフトパワーもそれなりに条件になるでしょうか)。

乱暴な言い方ですが、バルカン半島の加盟諸国は欧州域内の安定化のために、つまり管理の対象とするために加盟させたというスタンスであり、あくまでもNATOの付属物で、NATO「本体」は冷戦終結時の加盟国ということになるでしょう。

そこに彼らの安全保障のために東欧北部・バルト三国を加えたということはこの地域の性格も基本的にバルカンと同じということになりますが、西欧加盟諸国にとってのこの地域の重要性は安全保障上バルカンよりもだいぶ大きいものです。

歴史的にバルカンは西欧諸国の対土政策の一部分であったり東欧の東西に位置する勢力が東欧を舞台に勢力争いをする場合のフランク(側面)という位置で重要でした。

現在、特にNATOが内向きになった今では西欧諸国にとってのバルカン安定化の目的はバルカンの不安定化による負の影響(バルカン諸国本体からの難民問題、組織犯罪、イスラム過激派による拠点化等)を阻止するためとなっているでしょう。

最悪これらが現実ものとなってもこれらの負の影響をアドリア海から東欧北部諸国の南側のラインで食い止めればいいということになります。つまりこのラインまでNATOが後退する、要するにバルカン放棄という選択をNATO加盟主要国が行う可能性も否定できないのではと思います。主要加盟諸国の国力低下を考えれば有りうることでしょう。

そして東欧北部加盟国の存在がますます重要になってくる。

故に西欧諸国の弱体化と内向き化が進行すればするほどNATO域内において求心力を毀損する問題が生起する可能性がある地域として重視されるのはバルカンではなく東欧北部諸国・バルト三国になるでしょうか。

ただ東欧北部諸国・バルト三国という地域それ自体も本来安定した地域ではなく、ロシアのウクライナ侵攻と新冷戦という事態によりまとまっているという状態です。そしてこの状況下でも対露政策でこの地域内でも意見の相違があり、この点が目下気になるところです。

まだまだ考えなければならないことは多いですが、とりあえず思考の途中経過としてお描きしておきます。


---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

トルコをめぐる地政戦略、2つの記事より

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


今回はジェームズタウンとアトランティックカウンシルに掲載された論文をもとにトルコをめぐる地政戦略について書いてみたいと思います。


その前に、モンテネグロの続報。

ロシアがモンテネグロにNATO加盟についての国民投票実施を要求。
http://www.b92.net/eng/news/region.php?yyyy=2015&mm=12&dd=16&nav_id=96384

この件ロシアがムキになっているのがかなり気になります。

コトル湾やバール港使いたいという以外のロシアにとっての地政学的興味はあるのか。あるいはトルコへの圧力と合わせてNATOに対する揺さぶりの意味を持つのか。

今のところ両方だと私は考えています。


ジェームズタウンの論文に次のようなものがありました。

Putin Challenges NATO Over Turkey
http://www.jamestown.org/single/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=44898&tx_ttnews%5BbackPid%5D=7&cHash=8f19f3d622d62944aff82d84b51ff462#.VnTCMMtunIX

タイトルの通りロシアはトルコへの圧力を通してNATOの信頼性に傷ををつけようとしているという内容です。

西側に露と武力衝突の意志がない限り、露軍と西側諸国の軍が直に接する状態になっているシリアの問題で西側は露と深刻な対立状態になることは避けようとするはず。それを見越してのトルコ利用か。

NATOが何もしないのを見越してNATOの信頼性低下を印象付けるための対トルコ圧力と見ることができるでしょう。

今のトルコはNATOにとって地政戦略的攻勢の面ではロシアのほうに食い込むうまい位置にありますが、地政戦略的防勢の面では逆に敵側(露とISIS)に向かって突出しすぎているというジレンマ。現政権がああなので攻勢のための突出部として使うにはトルコはいろいろ厄介ですね。

しかしNATOがトルコを捨てると「前線」が一気にバルカン半島まで後退する(しかもギリシアは親露傾向だしバルカン半島のど真ん中にセルビアがある)し、コーカサスから中央アジアへのアクセスも失うことになります。

そこまで考えて(ウクライナで手詰まりになっての苦し紛れではなく)シリアに手を出したのならロシアは大したもんですね。


それとアトランティックカウンシルのこの論文。

The Geostrategic Value of Greece and Sweden in the Current Struggle between Russia and NATO
http://www.atlanticcouncil.org/blogs/natosource/the-geostrategic-value-of-greece-and-sweden-in-the-current-struggle-between-russia-and-nato

やはりギリシアとロシアとの過去から現在までの結びつきと現在の親露傾向は問題視されてますね。

トルコがボスポラス海峡閉じることはないでしょうし(そもそもNATOがさせないだろうし)ロシアはギリシアを好きな時にいじれます。

トルコによる露軍機撃墜の時にはギリシアの報道は英文記事見ていた限り以前からのトルコ軍機によるギリシア領侵犯に言及していたり、チプラス首相がその件でトルコの首相をツイッターで煽ったりしてましたね。

撃墜事件前の良好な露土関係下で露のギリシアへの接近は(政治経済面で)行われていましたがあからさまに軍事的にもとなるとトルコの反発は必至ですし、あの事件に陰謀性があったとは思わないですががこの件でトルコを「屈服」させればギリシアいじりは容易になるでしょうね。うまくいけばの話ですが。


トルコがSCO(上海協力機構)に深く突っ込んでNATOと二股かけようとしてた根っこには自国の地政戦略的価値を自覚し利用してやれという意思があったでしょう。

ただ当然それ故に他国が触手を伸ばしたい相手になりやすくもなるわけでよほどの外交センスがないとやっていられないですし、現に今ああした状況下におかれています。


ちなみに、ハンガリーのブダペストに建設予定だった、トルコが出資する大モスクの計画が撤回されました。
http://hungarytoday.hu/news/hungarian-cabinet-backs-plans-allow-gigantic-mosque-built-budapest-34996

フィデスは基本トゥラニズム寄りなのですが、イスラムが絡むと欧州防衛者というアイデンティティーのほうが優先されるのでしょか。この件政府は政教分離の原則にもとる的な説明していますが。


今回はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10

ロシアの対トルコ戦略、地政学的観点から

sabun1.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


今回はロシアの対トルコ戦略を、南東欧に関係した地政学的視点から書いてみたいと思います。


ISISの資金源「疑惑」などロシアのトルコ叩きは自己の行為の正当化を逸脱して西側からのトルコの切り離しと捉えないと理解できない規模になっていますが仮に切り離せたとしてその後どうしたいのかですね。地政学的にトルコが影響下に入れば露にとっていろいろ好都合なのはわかります。

問題はそのための段取りをどうするかですね。とりあえず上海協力機構の正規メンバーにはするのではないでしょうか。ただ押さえおかねばならないのは、そうしたことは今回の事件の前の露土関係が良好だった時期にトルコ側から意思表示がなされていたことであり、わざわざそのためにロシアが今回の件を作りだしたということではないということです。

まあ今回の件は露側がトルコに対する何らかの陰謀的な思惑で引き起こしたとは考えにくいですし、この件が起きてしまった以上逆に利用してやれという思惑でトルコを丸ごと影響下に置いてしまう方向でいろいろ進めてるのでしょう。

撃墜事件が起こった当初ひたすらトルコはやってないとロシア側が言い張ってたあたり見るだけでもロシア側が何らかの意図であの事件を引き起こしたとは考えにくい。

とりあえずトルコを取れれば南コーカサス諸国への露の影響力は一気に高まるでしょうね。中央アジア・アゼルバイジャンからのパイプラインの行き先のトルコを取られれば西側からのこれら地域のアクセスが大幅にカットされ西側にとっての地政学的な魅力が失われます。


まあロシアの思惑通りにすべてが進んだらの話ですが。


この記事ですが、トルコたたきはロシアによる中央アジア諸国の欧州方面への出口つぶしだという認識もあるのでしょうか。
http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-russia-kazakhstan-idUSKBN0TM15020151203#e0FE1iFRqElDx810.97

米国はNATOのリーダーとしてトルコ支持のスタンスは変わりませんが、ロシア・トルコ関係悪化のエスカレートは望まない方針です。
http://www.reuters.com/article/us-syria-crisis-usa-turkey-idUSKBN0TO01T20151205?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=twitter

この記事の行動もボスポラスその他で不測の事態が起きないためのコントロールの意味合いが強いと思われます。
http://www.eurasianet.org/node/76436


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------
管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。 http://seeuro.com/?page_id=10
プロフィール

crnaoluja

Author:crnaoluja
こんにちは。
東欧地域の戦略環境分析が専門のシンクタンクで研究員をしておりますチェコ出身のエリシュカ・マジャーコヴァーと申します。

ネクロマンサーのすぴか、その一味のミルチャ・アントネスクとともに東欧情勢について御説明していきたいと思います。

ハンガリー以北(V4)+バルト三国は私、南東欧がミルチャ、地政学・戦略論など理論面はすぴかが担当致します。

文責は @crnaoluja (twitter)

ミルチャのアイコン絵はあんねこ先生より頂きました。
http://a-n-neko.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。